無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怖い話‐ホラー】心霊スポットができるということ

私たちの地域にある旅館がありました。
その旅館はいわゆる高度経済成長期のレジャーブームに便乗して建てられたものだった。
そして80年代後半に入ってレジャーの多様化、海外旅行ブーム、老朽化などでその旅館の経営は下り坂に入ったという。
時代はちょうどバブル時代。
その旅館とその周辺の土地は「開発会社」に買収され、その旅館は閉鎖された。
噂では長期滞在型リゾート開発が行われているため、その旅館の土地にはリゾートマンションが建設されるということだった。
しかし、開発が始まる前にバブル崩壊。
旅館周辺の土地を買い集めた、その「開発会社」も倒産してしまった。
見事に不良債権となった旅館周辺には誰も手をつけず荒廃化し、旅館は廃墟に変わっていった。
元から道路からちょっと後方に立っていたその旅館。
営業の際には、道路に旅館案内標識も立っていて、道路でも電気がついた旅館を見ることができたが、今は漆黒の闇の中で緑豊かな草木越しに廃墟となった旅館が見える状況。

今は営業する時の姿は見られず、闇に浮かんでいる旅館は嫌な雰囲気が感じられるようになった。
廃墟になって、不気味さが流れるようになったからか、その時からその旅館にある噂が流れ始めた。
いわゆる「幽霊が出てくる」という噂だ。
噂では「オーナーが経営難に襲われ自殺をして、そのオーナーの魂が出てくる」。
噂では「開発会社の社長がそこで自殺をしてその社長が・・・」
噂では「営業していた頃、殺人事件があった・・・」
もちろん、すべて根拠のない噂だ。
その旅館の元経営者は、経営難が始まった時、旅館や土地を開発会社に高価に売り渡して、今でも悠々自適の生活をしており、
開発会社は倒産したようだが、社長がそこで自殺したというのは事実ではない。
殺人事件ももちろんなかった。

おそらく、地元に住む廃墟となった経緯を知っている人が見ても不気味に感じるほどだったので、
そんな事情を知らないよそ者が見ると、そんな小説が書けるのかもしれない。
ただし、その廃墟となった旅館の窓に「淡い光を見た」、「人の影を見た」という地域の人もいたのは事実だ。
こう言う私も事実は旅館の窓に「淡い光」、「人の影」を見て悔しい経験が何度もあった。
しかし、私や地域住民が「青白い光」、「人の影」を見始めたのは「幽霊が出てくる」という噂が出て、その旅館が肝試しの場所になった時期だ。
影と青白い光の正体も、当然幽霊のようなものではなく、おおむね肝試しに訪れた人や、その人が持っている懐中電灯だと思っており、地域住民もほとんどそう信じていた。
実は、廃墟になった旅館は道路から見えるものなどとかみあって、
「幽霊が出てくる旅館の廃墟」
として、肝試しの場所として有名になって行った。
私が読んでいないが、雑誌などにも上記の何の根拠もないストーリーが書かれていたし。
そして実際に幽霊を見たという目撃者の話など、数回も取り上げられたという話だ。


そして後にはその廃墟は約束されたように、観光や遊びに来た若者たちと夜中に騒ぐ若者たちが集まり、地域ではそれを問題視することになり、その旅館の撤去が求められた。
そして再び歳月が流れ、その旅館がついに撤去されるという。
その場に複合大型ショッピングセンターができるというのだ。
その旅館が廃業してから数十年。
少し気分が悪くはあったが、慣れた光景が消えることに、一抹の寂しさも感じた。
そして撤去工事が始まり、数日後、その廃墟に多くの警察車両が到着しているのを見た。
「何か事故でもあったのだろうか?」
家に帰ってニュースを見て警察車両が集まった理由を知った。
その旅館の撤去工事中、白骨化された遺体が発見されたということだ。
死後6年から10年が経過しているということだった。
「旅館の廃墟に幽霊が出てくる」という噂が出始めた時期と一致する。








2022/02/21 23:45  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.