無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怖い話‐怪談】あー神様

僕はまだ小学校に通っていた頃の話です。
その頃にはヴィラ(低層のマンション)に住んでいたが、
我が家のすぐ下の階に同級生Aが引っ越してきた。
特に仲は良くなかったが家が上下階であり、同じ学校だったのでそれなりに親しくなった。
ある日、Aが「僕の家には神がいる」と言った。
僕はあまり気にしませんでしたが、その日の夕食の時、
なにげなく、その言葉を両親に話した。
すると、母はAの家が怪しい宗教団体に入っていることを教えてくれた。
Aの母はほとんど家から出てこないし、その宗教団体の会議の時だけ外出するという感じで、
時間を問わず下の階からおかしなお祈りが聞こえてきて、気持ちが悪いと言われた。

数日後、夕方に学校から帰ってくると、家に誰もいなくて一人で漫画を読んでいた。
すると下の階から怖いくらいの勢いでお祈り声が聞こえてきた。
その日は、いつもよりひどくて、それはお祈りというか?多分うめき声にも聞こえた。
まったく止まる気配もなく、ますます激しくなったので心配になってAの家に行ってみた。
一度もAの家に入ったことがなくて、躊躇しながらベルを押した。
すぐにAがドアを開けて出てきた。
ドアが開くと、なんと文字では言い表せないうめき声が溢れていた。
Aは僕を見ると、すぐに必死の顔で「神様が暴れ始めた!助けて!」と言った。
部屋の中は、まだ夕方の早い時間なのにカーテンを閉めていて暗い。
Aが案内してくれる通りに、一番奥の畳の部屋に行った。
そこには豪華な祭壇があり、Aの母が必死に誰かを慰めていた。
それが神でした。うめき声の主は神様だった。
神は祭壇に置かれていました。
手足は椅子に縛られ、髪はきれいに剃られていた。
ひどく衰弱して見え、うめき声​​もかすれていたが、かすかに聞くことができた。
「神・・・・・さ・・・・ま・・・・・」
そう言っていた。


こぼれ話。
Aの両親は娘が生まれた時、宗教の指導者に「この子は神の転生」という言葉を聞いたという。
その後、彼らは娘を神様と信じてしまい、祭壇に祀ったのだった。
保護されるまで5年近く手足を椅子に縛っておいたままだった。
そのためか手足は大きくねじれていた。
娘が生まれた後、家庭ではほとんど会話を交わさなかった。
彼らは毎日「神様」に供物として少量の食べ物を食べさせた。
娘は話すことができなかったが、毎日聞いていた言葉
「神さま」という言葉だけは覚えていた。







2022/02/20 23:45  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.