無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怖い話‐ホラー】霊きゅう車

Kさんという若い女性が両親とおばあちゃんと一緒に暮らしていました。
おばあちゃんは、元々とても心優しい人でしたが、
数年前から寝込むようになってから、どんどんむら気で困って介護をしている母に向かって小言や愚痴を言うだけでなく、
「お前たちは、私に早く死んでほしいと思ってるんでしょう」
といい言葉をよく言っていたので、愛想尽きて、本当にそう思うようになりました。
介護は、運動も十分にできず、食事レベルも落ちたため、体は加速度がついて衰弱しました。
最後に、布団から出て行くどころか体も動かず、口さえも開けられず、ただ布団の中で息を吸っている状態になりました。
周りから見ても、寿命が迫っているのは明らかでした。
Kさんの部屋は2階です。
ある夜、彼女が寝ていた時、突然外から警笛音が鳴った。
Kさんはそのまま気にせず寝たけど、しばらくしてまた音がしました。
何度も何度も音が聞こえてきたので、時間も時間なだけに、あまりに非常識で怒ってカーテンをめくって外を見ました。
Kさんは鳥肌が立ちました。

家の前に止まっていたのは大きな一台の霊きゅう車でした。
そこには人が乗っていないのか、始動がかかっていないので静かでした。
Kさんは怖くて布団を頭から被っていました。ぶるぶる震えたけど、
その後は何も聞こえず、静かでした。
朝、Kさんは両親に昨夜のの警笛音を聞いたかどうか尋ねました。
二人は知らないと答えた。
あんなに音が出たのに気づかなかったはずがないですが、
両親が嘘をついてるようには見えず、また嘘をつく理由もないと思いました。
朝になって、やや冷静な思考を取り戻したKさんは、それはもしかしておばあちゃんを迎えに来たのではないかという結論に至りました。
彼女はそうにしか考えられなかった。
しかし、おばあちゃんは依然として「気力」を維持していました。


翌日の夜も霊きゅう車がやってきました。
翌日の夜も来ました。
Kさんは無視しようとしましたが、おかしくもKさんが2階から車を見下ろさない限りの警笛音は決して止まらないのです。
恐怖で覚めた目で夜を明かしていたので、Kさんは次第にノイローゼになっていきました。
7日目のことです。
両親が仕事があって親戚の家に出かけることになりました。
実はKさんも行かなければならない事で、また本人も他人には言えない理由でそれを希望しましたが、おばあちゃんがいるので誰かが必ずそばを守らなければなりません。
Kさんはご存知のようにノイローゼで精神状態が良くなかったので、親は半分強制で家にいるようにして、二人だけ車に乗っていきました。
K氏は恐怖を落ち着かせるために、できるだけ楽しいテレビ番組を見ようとしました。
おばあちゃんの部屋には怖くて近づくこともできず、直接食べさせるお昼もその状態でおいたままにしていました。
しかし、両親は夕方に戻ると言っていたのに、遅い時間になっても戻ってくる気配はありません。
時間は夜9時を過ぎ、やがて12時を越えていつも霊きゅう車が来る時間が近づいてくるのに、電話すらない状況でした。


やはりその日も警笛が鳴りました。
Kさんはその時1階にいましたが、近くで見るのはとても嫌だったので、普段のように2階の窓から外を見下ろしました。
ところで何が起こったのでしょうか。
いつも静かな車から、何人かの黒い服を着た人が降りて、ドアを開けて入って来ようとするのではないでしょうか。
Kさんは完全に恐怖に怯えてしまいました。
しばらく下の階でベルが鳴りました。
しつこくも鳴り続けました。
ベルは軽いノック音になり、最終的にはすごい勢いでドア
「ドンッ!ドンッ!ドンッ!ドンッ!ドンッ!ドンッ!」と叩くのでした。
Kさんはもう生きている気がしませんでした。
ところがKさんの頭の中に、「もしかしたら玄関の扉の鍵をかけてなかったのではないか?」という不安が思い浮かびました。
考えるほどかけてなかった気がしました。
Kさんは飛び出し、すごい勢いで階段を歩いて降りて玄関に向かいました。
ところがドアに到達するその瞬間、玄関の隣の電話機が騒々しく鳴り始めました。


激しく扉を叩く音は続いていました。
Kさんは足が固まって動くこともできず、両耳を塞いで悲鳴を上げたい衝動に耐えながら受話器を持ち上げました。
「もしもし!もしもし!もしもし!」
「○○さんのお宅ですか?」
意外に優しい男の声でした。
「警察です。落ち着いて聞いてほしいのですが、先ほど両親が交通事故で死亡しました。娘さんですか?もしもし、もしもし・・・」
Kさんは何も考えられずに座り込みました。
おかしななことに、少し前まで騒々しくドア叩いていたのに、何もないかのように静かでした。
Kさんは考えました。
もしかして、あの霊きゅう車は両親を乗せようとしているのでは?
おばあちゃんを迎えに来たのではないのか?
そういえば、おばあちゃんはどうなったか?
その時、背中の後ろから誰かが肩を叩いてきました。
Kさんが振り返ってみると、
そこには動けないなずのおばあちゃんが立っていました。
おばあさんはKさんに向かって笑いながら言いました。
「お前も乗るんだよ」








2022/02/20 23:50  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.