無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怖い話‐怪談】終電に乗ったとき

会食が終わり、地下鉄の終電に乗った時の話。
帰宅時のラッシュとは反対に、ものすごく空いていた。
しばらくすると、車両には僕と疲れたサラリーマン風のおじさんの二人だけ残った。
僕とそのおじさんは、お互いにそれぞれ車両の反対の席に座っていた。
おじさんは気持ちよく眠くなっていた。
かなり疲れてたか酒に酔っていたのか。
僕もちょっと眠くなってきたので、しばらく目を閉じました。
そして5~6秒が過ぎたくらいで、目を開いた。
おじさんの姿が目に入った。
おじさんは、席を僕の方に移動してきたように見えた。
僕はかなり酔っていたからか、あまり気にせず、また目を閉じた。


今回も数秒後、なんだか変な感じがして目を開いた。
今回は確かにおじさんがまたひと席開けた隣に移ってきていた。
少し危険な人かもしれないと思って、すりでもしたら捕まえて、駅員に引き渡すために、僕は起きたまま寝るふりをしてみた。
案の定、
おじさんはぼくが目を閉じたことを確認して、席で立つのだった。
こちらに来る?と思ったがそうではなかった。
おじさんはそのまま車両の真ん中でぐるぐる回り始めた。
そして、回りながら、
「だまされないよ~だまされない~寝たふりなんてだまされないよ~」と呟いた。
もう、僕も完全に萎縮してそのまま寝続けるふりをしてから次の停車駅でドアが閉まる直前で起きて逃げるように電車で降りた。
おじさんはついてこなかった。
ただし、タクシー料金もなかったので、2時間以上歩いて帰宅した。
最悪だった。








2022/02/08 23:40  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.