無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】お隣さん

数十年前のことだが、学生時代に一人暮らしの時、隣人が変な人だった。
30歳くらいの背の高い男だったけど、引っ越しのあいさつで尋ねた時に突然、
「僕が隣でラッキーだね。なんでも言ってください。ところで、まさか彼氏なんていないですよね?」
長距離恋愛中の彼氏がいたけれど、詳しく話したくないので、
「あ、まあ・・・」と、適当に答えた。
すると、人差し指で額を刺しながら、
「強がらなくてもいい~」と。
慌ててしばらくぼんやりしていた隙に、手を差し出しながら
「合鍵をくれ。普通、隣の家に任せておくんだから」
そんな話は聞いたこともなく、鍵を渡すつもりは絶対になかったので、急いで家に帰ってきた。


翌日の夕方、ドアベルが鳴った。
覗き穴で確認すると…お隣さん
鳥肌が立ってドアを開けずにいると、
「俺は今から仕事にいくけど、ドア取り締まりをしっかりするんだぞ?」
その後もほぼ毎日のように「ピンポン」。
「もう荷物は整理できたか?部屋を見てやる」
「合鍵を早く作れ」
「じらすのも、ていどがあるぞ」
そんなたびに「彼氏がいますから」とか「関わらないでください」と反論したのに効果なし。
その男は夕方から夜明けまで働いているようで、外で偶然会わないのが
本当に幸いだった。
学校から帰るのも、男が出て行った時間を計って帰ったりしてた。
そんな中に、夜明けに壁をドンドン叩いてくるのだ。
無視するので、今回は呟きながら愛の呪文を呟いてきた。
「率直になれ」
「俺と君は運命の相手だ」
「全部教えてあげるから、怖がるな」
もう実家に帰らなければいけないと思った時、彼氏がこちらに来て泊まって行くことにした。


翌日の朝早く。
早朝だが、私はなんだか目が覚めm他。
今考えると、扉が開く音がしてたと思う。
部屋は暗かったが、カーテンの間に少し外からの光が入ってきて、そこに誰かが立っていることが分かった。
その瞬間、彼氏がトイレでも行ったと思った。
しかし、彼氏は今私を腕枕をしている。
そこにいるのは、他人だと気づいた。
その瞬間、途方もない恐怖に襲われた。
声が出てこなかったので、彼氏を必死に揺さぶって起こした。
目を覚ました彼氏は私の姿が変なことに気づき、
すぐにベッドから出て部屋の電気をつけた。
そこには隣人の男が立っていた。
隣人の男は、彼氏を見て唖然とした顔をしていた。
「あなたは誰だ!?」
彼氏が尋ねると、ビビったように、
「いや、部屋を間違って・・・」と。
そして私に向かって、
「どうして?嘘をついた?」
「こんなあばずれ女だったのか!」と言いながら、叫ぶのだった。


しかし彼氏が
「警察呼ぶ」と言った瞬間、男は正気が戻ったように慌てて出ていった。
いつも玄関の鍵は必ず締めていたが、彼氏が来ているという安堵感で忘れた様だった。
彼氏が言うには、
「もしかして、あの男、毎日この家の扉が鍵かかっているかを確認していたのではないか?そうでなければ、あまりにも偶然すぎないか」
と言ってすごく怖くなった。
明るくなった後、彼氏は、
「ちょっと見てくる」
そういいながら、ベランダに出ました。
ベランダは2軒ずつつながっていて、家と家の間は薄い板のようなもので分離されていた。
彼氏がその板を軽く押すと、板は簡単に横に落ちた。
板の外側は削り取ったように枠より小さくなっていて、横のベランダで縁をガムテープで貼り付けたのだ。
おそらく隣の男はベランダにも出入りしていたようだ。
部屋の中からはよく分からなかったが、ベランダから見るとガラス窓に手跡と顔を付けた痕跡がたくさんあった。
その後、彼氏の助けを借りて荷物を整理した。


自分のわがままで一人暮らしをさせてほしいと言ったので、隣人のことは家には言い出せなかった。
そして、その時の彼氏と結婚して今に至っている。
娘がいるけど、娘が大人になっても一人暮らしはさせたくない・・・。








2022/02/06 23:45  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.