無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】山に呼ばれた人のはなし

熊の湯温泉。
白神山地にある熊の湯温泉のオーナーから聞いた話。

ある日の夕方、この熊の湯温泉のオーナーに「山菜の採取中に足を踏み外してして遭難した」というニュースが聞こえてきた。
オーナーが現場に駆けつけて、すでに現地の警察と救助隊が到着しており、サーチライトが点灯などの準備をしていた。
そして、その隣で50代くらいに見える男が泣きながら
「早く妻を助けてください!!」と、懇願していたという。
その地点は白神ラインの天狗岳と明石大橋の中間地点なので、欄干の下は急な崖だった。
生き残った夫のよると、夫婦が山菜取りに来て、ふと目を離した間に妻が悲鳴を上げて消えたということだ。


白神産地はまだ寒くてサーチライト点灯を待っている救助隊員と警察官たちは焚き火のそばで身を温めていた。
その隣で遭難者の夫が、
「焚き火なんてしてないで、早く妻を救ってくれよ!」と、訴えた。
やがてサーチライトの点灯が準備され、強い光が谷に投射された。
少しずつ光の輪を横に動かして遺体の捜索が始まった。
やがて、「あ!」と誰かが叫び、サーチライトの光が止まった。
「ああ、とりあえず生きていないだろうな」
オーナーは内心そう思った。
欄干の下に遠く、200メートルほどの地点に岩が大きく飛び出した谷の真ん中に女が倒れていた。
救助隊員が拡声器で呼んだが、何の反応もなかったという。
もう息途絶えてた。
オーナーだけでなく、救助隊員の誰もがそう直感したという。
しかし発見地点は、やや間違えれば二重遭難に遭うかもしれない、急な崖だ。


オーナーと救助隊は渓谷の底に降りる方法を会議し始めたが、遭難者の夫が狂乱の様子で救助隊に近づいてきた。
「早くお願いします!妻が呼んでいます!」
もう少し待ってください。焦っては、余計に問題が大きくなると救助隊員は、夫を落ち着かせようとしたけど、夫は聞く耳もたず
早く助けてくれ/もう少し待ってほしいと口論が続いたその時だった。
男がううめくように言ったという。
「あ…なぜあなたたちには聞こえないのか!妻が呼んでいるのが聞こえないのか!?」

その瞬間だった。

男が立ち上がって走り始めたら、ガードレールを飛び越えてしまった。
悲鳴が救助隊員を凍らせた。
男の体が岩に衝突しながら落ちる音が気持ち悪く響いた。
慌てた救助隊員が崖の下を見ると、サーチライトの円の中にさっきの男が倒れていた。
不思議なことに、男の遺体は妻のすぐ隣に倒れては、まるで「助けにきた」と言うようだった。
「ああ…」
オーナーがそう呟いた時。
一台の車両が現場に来て30歳前後の人が飛び降りてきた。
「私の両親が落ちたと聞きましたが」
遭難者の息子だった。
みんなが言葉を失った。
「今引き上げるので、下は見ないでください」
誰かが言った次の瞬間だった。
「そう言っても、私の父と母が渓谷で呼んでいるじゃないですか!」
救助隊が言葉を返せずにいる間に、息子がガードレールに走っていこうとした。


その瞬間、警察官の一人が捕まえた。
「やめろ、やめろって!!それとも、こいつまで連れて行くつもりか!」
その警察がこう叫んだその時、その場にいた警察官が一斉に息子に飛び込んで息子を捕まえた。
「何するんだ?父と母が呼んでいるのが聞こえないのか!?」
息子は狂乱してこう叫んだが、そんな声は息子以外の誰にも聞こえてなかった。
ひどく暴れるので、結局息子は警察に両脇の下を捕まれて警察車両の後部座席に連行された。
まるで山岳救助現場とは思えない不思議な光景だった。
しかし、息子は「父と母が呼んでる」と続けて呟き、隙があれば警察車の外に飛び出そうとして、本当に大変な状況だった。
しかし数時間後、両親の死体が渓谷の底から引き上げられた瞬間、まるで憑いていたものがとれたかのように大人しくなった。
息子は両親の遺体にすがりついて泣いていたが、少し前までとはあまりにも違う息子の態度に、みんなが再びぞっとしたという。







2022/02/07 23:51  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.