無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怖い話‐怪談】詐欺師の終わり

20数年前、バブルが真っ最中で、銀行はいよいよ回収可能性がないところまで貸しだしていた。
銀行を真似た、金貸しと協同組合も組合員たちに特別な手続きなくお金を貸していた。
ある漁業界の貸付業はとんでもなかった。
1億ウォン(約一千万円)の評価額の土地を担保として、2年間合計3億ウォン(約三千万円)を借りたAという人がいた。
なぜそんな貸し手が作られたのかというと、組合の会長が入院中なので一時的にBが決済を下したようだ。
詳細はわかりませんが、Aのように、いくら考えても決して融資が不可能なお金が何人かの組合員に貸出された。
そして、数年後。
お金を借りた人の親戚が督促状を受け続けるようになった。
ほとんど、高校はどころか中学校もきちんと通っていない老人たちだ。
督促状には借金を借りた組合員の保証人として書かれていた。
貸し出しもできない年金生活の老人を狙って、組合員と会長代理人Bが仕立てた詐欺だった。
田舎で玄関なんて鍵もかけないので、勝手に家に入って老人の印鑑と印鑑証明をこっそり拝借したのだ。

さらに、土地の権利書も取り出して勝手に抵当にしてしまったため、親戚は大騒動になった。
そんなことが何件も出てきたが、水産協同組合は「負債は負債なので何とか支払え」
金を借りた本人は「困っていたら、親戚を助けるのは当然」と真顔。
被害者は子どもと孫に叱られて、ショックを受けたり、首をつったり…。
家を奪われて住む所がなくなってしまった老人もいた。
そしてすぐに、会長代理人Bが突然、原因不明の病気で病死。
組合理事Cの妻が病死、息子夫婦が破産して離婚。
組合理事Dは巨額の借金を残したまま、妻を捨てて夜逃げ。
Aは心臓病に倒れた。
これが一ヶ月以内に相次いで起こったのだ。

Aが倒れる前にAの妻が、何人かの老人がAの家の周りを歩いているのを目撃した。
「こいは・・・どうだろう?」
「こいつも詐欺を働いた汚いやつだよ」
「持って行っても大丈夫だろうな?」
「罰を与えるべきだ」
「そうだろ、ひどい目にあわせてやろう」
後で分かったことだが、Aは借入金額3億ウォンのうち5千万ウォンをB、C、Dに裏金で渡していたという。
今、Aは生きてはいる。
生きているが、耳元で、
「お年寄りからせしめたお金でご飯を食べたか?」
そんな音がしばしば聞こえて夜まともに寝ることができないという。
どうして僕がこんな事を知っているのか、Aは僕の親戚で、死んだ高齢者も身内だからです。
権利証書、実印、印鑑証明書などを盗まれたから抗議でもしたら良かったと思うが、両親の話では、身内で犯罪者を作りたくなかったと思ったという。
霊感の強い母曰く、Aの肩に気持ち悪い笑顔を浮かべた3人の老人が足掻いて、苦しんでいたBが死んだという。
Aはニットでログリセリンを首にぶら下げていて、その病気を3人の高齢者が指で跳ねながら遊んでいるという。
たぶん今回発作が起きたら、ニトロを口に入れられずに苦しんで死に至るのではだろうか
「Kさん(母の名前)、因果応報なんだ、仕方ないことだ」
高齢者の一人が母親にそう言ったという。







2022/01/23 23:40  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.