無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】手首

3ヶ月ほど前の事。
新宿の某百貨店の地下道を経て、ある大型書店に通じる地下道があるが、その道を歩いていて経験したこと。
通路に入り、しばらく歩くと
床と壁の隙間くらいに人間の手のか分からないけれど…
壁から手首から指先までが伸びていると表現すればいいか、
「置いてある」という感じでは見えなかった。
模造品にも見えず、とても生々しくて、すぐにでも動きような手で、特に血がついているわけでもなく、
ただ壁のかなり下に手がただ出ていたので、
僕は「気持ちが悪い…誰かがしたいたずらか」と考えながら、ただ無視して通り過ぎた。


その日は、そうして何もはなかった。
その経験も完全に忘れてしまい、一週間ほど経った頃。
僕はまたその地下道を通って某書店に行っていた。
地下道が、少しの辺鄙の場所にあったので、普段も通る人はいなかったが、
その日は僕の前で20代半ばほどの女性が歩いていた。
地下道書店方向の出口は地上に出るエレベーターがあり、
女性が僕をまいて上がってしまうと、エレベーターが戻ってくるまで
待たなければならないので、少し早い歩きで女性に追いつくように歩いていると、
あることに気づいた。
その女は、左手が手首からなかった。
僕はその瞬間、前回見たことを思い出したが、「まさか偶然だろう・・・」とそのまま女と一緒にエレベーターに乗った。
僕が1階ボタンを押したけど、その女はボタンを押そうとする気配がない。
「じゃあ僕と同じように1階で下るのだろう」と、そのまま1階に到着するのを待った。
しかし、何かおかしい。
普通なら1階まで30秒ほどで到着するが、エレベーターが動いている感じがあるのに、いくら時間が流れても1階に到着しない。


「おかしいな」と思いながら、天井の近くを眺めていると、
僕から斜め後ろにいた女性が突然、何かを呟き始めた。
最初はよく聞こえなかったので、僕は「いやな感じだな」くらいにしか考えていなかったが、女性の呟き声がどんどん大きくなって明確に聞こえるようになったとき、僕は背中がゾッとした。
女はずっと僕の後ろから、
「なぜ左手がないのか知りたい?」と繰り返し呟いていたのだ。
僕は必死に知らないふりをしていたが、まだエレベーターは1階に到着していない。
数分以上が経過している。
はっきり異常な状況に直面した僕は、全身に冷汗を流し始め、必死で気付かなかったふりをして「早く1階に到着しろ!」心の中で叫び続けた。

そして1分ほどその状況が続いたが、全くエレベーターの扉は開く気配がない。
僕は冷汗をかきながら、1階のボタンを繰り返し押した。
すると、今度は女性が僕の後ろからクックックックと笑い始めた。
僕はもう我慢できず、
「何なんだよ!」と後ろを振り返った。
かなり荒く言ったが、女性はまったく動揺せず、頭を下げたまままだ笑っていた。
その時、やっとエレベーターが1階に到着し、扉が開いた。
僕は助かった!と思い、すぐに外に出ようとすると、女性は僕が去ろうとした瞬間、今回はそう呟いた。
「私の左手…見た?これが終わりだと思う?」
何か意味がありげな言葉だったが、それから3ヶ月、特に僕に変なことは起こらなかった。
ただし、それ以降はその地下道を利用していない。
二度と通らないだろう。
当初、その女が人だったのか、それとも「その他の何か」だったのかさえ分からないけど…







2022/01/21 23:50  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.