無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怪談話】押し入れにいる

個人的にトラウマになった話。
家族以外は知らなくて、誰にも言ったことがない。
僕の家族は転勤が多くて、幼い時は2~3年間隔で引っ越したりした。
小学校3~4年生の時に住んでいたのは、京都のある都市だったが、マンション(官舎?)の裏は山だった。
隣人の友達とすぐに裏山を探検したが、両親が注意してこともあって、あまり奥までは入らなかった。

ある日、両親には秘密で友人3人くらいと裏山の奥深くに入ったことがあった。
おそらく30分ほどを適当に歩いて行ったところ、廃墟があった。
特別なことのない普通の廃家だった。
僕たちはテンションが上がって、廃墟の中にまで入って探検していた。
平屋の3LKくらいの構造だったと思う。
廃墟のリビングルームと思われる部屋にエロ本が数冊転がっていて、友達は喜んで
それを読んでた。
僕はまだそこまで関心がなかったので、適当に友人がエロ本を読んでいるのを後ろから見て
他の部屋を探索した。
隣の部屋に入ったが、特別な家具のようなものはなかったと思う。
押し入れがあるだけだった。
僕はなぜか、押し入れの襖の扉を開けた。
すると、押し入れの上の段にちょっと太ったおばさん(?)が振り返って
正座を少し力を抜いた感じで座っていた。
あまりにも意外だったので、恐怖や疑いよりその時の僕は怒られる!と思って慌てた。

しかし、2~3秒待ってみて、おばさんはこちらに背を向けたままで、
おばさんは僕にまだ気づいていないんだな…
このまま静かに閉めればバレないだろう、と思った僕は静かに閉じようとした。
そして、引き戸に手をおいて瞬間、おばあさんが突然後ろを振り向いた。
今もはっきりと覚えているけど、おばさんの顔があまりにも怪異だった。
眼球がなく、目の部分には膨らんで黒い穴だけが開いていた。
口は開いていたが歯もなかった。
そして顔のあちこちで血が流れていた。
僕は悲鳴を上げ、屋のごとく廃墟を飛び出しました。
友達を置いて…
帰った道はよく覚えていないが、何とか家に帰ってきた。
ただ走りながらも泣き続けているだけだった。
家の前まで来て、ちょっと冷静になったが、両親に話すか悩んだ。
言えば怒られると思ったからだ。

「勝手に裏山の奥まで行くなんて!」と。
結局、静かにいようと思った。
すでに友人の事なんてさっぱり忘れていた。
そして、家に帰って恐怖に捨て去るために、ファミコンゲームを始めた。
確かにドラゴンクエスト3だったと思う。
我が家のゲーム機がある部屋には引き戸がある。
ドラクエは途中で、引き戸の方から音が聞こえたようで振り返ってみると、
引き戸が少し開いていて、奥からさっきの顔がめちゃくちゃおばさんが見えた。
僕は再び悲鳴をあげて、台所にいる母親に泣いてすがりついた。
「押し入れにおばさんがいる!」と言った。
母は僕を慰めた後、ゲーム機の部屋の押し入れを確認しに行った。
僕はただ怖かったので、台所で固まっていた。
すぐに母親が「何もいないじゃないか」と言って、気をつけて確認しに行った。

母は引き戸を開けたまま「どこにおばさんがいるの?」と聞いたが、
おばさんはまだいて、眼球がないのに僕の方を見ていた。
母には見えない様だった。
僕はその時、気絶したという。
その後、押し入れのある部屋は使えなくなった。
旅行に行っても、宿の部屋に押し入れがあった時は本当に困った。
今でも押し入れにおばさんがいるかどうかは分からないが、怖くて確認できません。
いないのではなく、したくない。
今まで三回、そのおばさんを見たけど、
見るたびに少しずつ押し入れから出ているという感じがするからだ。







2022/01/20 23:50  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.