無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怖い話‐怪談】モニターに映った女性

コンビニで夜間バイトをしていた時の話。
バイトが始まって3ヶ月ほどのある夜、一緒に夜勤する夜明け1時に退勤予定だった先輩が、
「今日は夜明けに、ここに残っていてもいいか?」と僕に聞いてきた。
この店は夜明け1時までは二人、1時から翌朝6時までは一人勤務になっていた。
「別に構わないけど、何かあるんですか?」
その日は特別なこともなかったから、残業をするほどの理由はなかった。
「仕事ではなく、タイムカードももう切ったから、ただの事務所にいさせてほしい」
カウンターの内側のドアの向こうにある狭い事務所、
横長のスペースに事務用コンピュータデスク、更衣室、在庫保管棚が並んでいる。
二人が何とかいられる程度の部屋、そんな場所にこれから3、4時間もいたいというのだ。
「先輩の家の近くでしたよね?歩いて5分ほど…鍵を失ってしまったんですか?」
僕が尋ねると、先輩は苦笑いして、こう言いました。
「ちょっと確認したいことがあって、笑わないでくれ」

先輩の話によると、一人で夜勤をしている時、事務所にいると、誰もいけない店の中で「すみません」という声が聞こえたという。
来客を知らせる鐘の音が風や振動などで誤動作を起こしたり、逆に人が入っても音が出ないことは時々あることなので、
「はい、お待たせしましたー」
とレジ台に出たら店には誰もいなかった。
別の日、事務所で作業中に「すみません」と言われて、今回はドアに近い事務室の机で作業をしていたので、すぐに店に出たが、やはり誰もいなかった。
また別の日、またまた聞こえてきた「すみません」が聞こえて、
すぐに防犯カメラのモニターに目を向けると、室内はもちろん店の前を照らしているカメラにも誰も映っていない。
そんなことが一週間に一回~二回はあるという。
「お前は、そのような経験がないか?」
先輩は最後にこう尋ねた。
僕も週に2回ほど夜勤をしているが、そんなことがあった記憶はない。
俺が頭を振ると先輩は「そうか・・・」と、再び苦笑いして「とにかくよろしく」と事務所に入った。

そして2時間が過ぎた深夜3時。
その日はお客さんもほとんどいなかったし、先輩の協力もあって仕事も早く終わっては僕たちは事務所でおしゃべりをしていた。
面白いお客さんの話が盛り上がり、僕は先輩が残っている理由を忘れていたその時。
「すみません」
僕のすぐ後ろ、店につながるドアの向こうで声が聞こえた。
先輩の話を思い出した僕が先輩を見てみると、モニターを見ていた先輩は僕の視線に気づいて頭を振った。
やはり誰も映っていなかった。
内心 焦った僕が、「レジ台の近くにカメラの死角があるから一度確認してみます」と店に出ようとすると、
「待って!」
先輩が突然叫んだ。
驚いて固まった僕に先輩は「これ・・・」としながらモニターのを指さした。
先輩の指が指すところ。
モニターに映ったレジの内側。
防犯カメラの正方形にギリギリに見える事務所に扉の下側、黒色の長い髪と女の足が映っていた。

それも、立っているわけではない。
カメラに映った部分で、その女の状態を考えたとき、壁にぶらさがっているのだ。
壁に付いているような女性の足。
そして膝の上まで覆われている長い髪。
モニターはそこまでしか映っていなかった。
僕は、店に向かって背を向けた。
僕のすぐ後ろのドアの向こうに、僕の胸から頭くらいの高さにある、一辺が50センチメートルほどの正方形の窓。
マジックミラーで鏡になっていて、向こうからこちらが見えなくても、女性が窓からこちらを覗いているように思えたからだ。
「消えた・・・」
先輩の一言に正気を取り戻した時、すでにモニターの中には誰も映っていなかった。
今回こそ本当に誰も。
その後、僕は先輩にお願いして、僕の勤務終了時間まで一緒にいてほしいと頼んだ。
そして月末まで、半月の間、僕は心の中で震えながら勤務をしたが、例の声を聞くこともモニターにその女が見えることもなかった。


そして次の月に先輩が店を辞めたという。
気になって店長に話を聞いてみると、僕と一緒に「それ」を見た翌日の夕方、店長に防犯カメラの録画映像を見る方法を聞いて、翌朝にやめると言ったという。
「何事だろうか。悪いことをするんじゃないと思うけれど…」
おかしく思って店長に録画された映像の時刻を聞いて、僕は一人になるとすぐにその映像を再生した。
「ああ・・・」
僕はすぐに納得した。
それは先輩がやめた日の前日、先輩が一人で夜勤をしていた夜。
誰もいない店内での声を聞いて店舗内に出てくる先輩が撮られた映像に、やはりそれも写っていた。
カメラのギリギリな死角エリア近く、オフィスのドア側、壁に掛かっているような女性の足と髪。
そしてドアが開いて先輩が出た。
その女を通過して・・・
きっと、先輩もこれを見たのだ。
モニターを元の状態に戻して、僕も別のアルバイトを探すことに決めた。
結局、その大学を卒業するまでの2年間、その店で夜勤を続けることになったが、その間店長と後輩たちに何度も聞いてみたが、おかしなものを見て聞いた人は誰もいませんでした。
あれは一体何だったのだろうか。
最初から先輩についていたのだろうか。
先輩について行ったのだろうか。
見えず、聞こえないけど今もそこにいるのだろうか?
今、僕には確認する方法はない。








2022/01/17 23:46  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.