無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怖い話‐怪談】見てはいけないもの

もう10年も前のはなし。
怖い話とはちょっとかけ離れているかも知れないけれど、
その時、初めて車を購入した僕は、ただ運転したくて一人で夜に少し離れた地方の海岸にドライブに行った。
数時間走った深夜にトイレに行きたくなって、人も通らない道だったけど、
車でも通り過ぎると気まずいので、もう奥まった所に入って車を駐車してトイレを済ませた。
疲れた僕は、体をストレッチを兼ねて、少し散歩しようとした。
背の高い草の森の間の道を海側に向かってぶらぶら歩いていると、ゲロゲロとカエルの泣き声が聞こえてきた。
カエルか~と思って、じっと立って聞いていると、カエルの泣き声に混じり、ハァハハと人の呼吸のようなものが聞こえてきた。
ちょっと萎縮したが、まさかこんなところで野外セックスでもしてるのか?思った僕は、ゆっくりと音が出ないようにそちらに近づいていった。
草の森を越えて少し影が見えたので、体を下げて見える位置に移動すると、男と思われる人影が女性の上に乗って動くのが見えた。
本当にやってる!と思って、目を凝らしてみたけど、何か動きがおかしかった。

それでよく見ると、とんでもないことに気づいた。
男は手にナイフのようなものを持って、それを女性の首に続けて刺していた。
その度に、女性の口からオエッ、ゲホっと声がもれていた。
僕は一気に腰の力が抜けて、そのままただ見ているだけだった。
女性は手を振り回して抵抗したが、ここから見える手の指が半分くらいからぶら下がっていて、抵抗になってなかった。
そして何度も突く間に、どんどん女が動かなくなると男も刺すのをやめた。
それから、反対側からかさかさと音と共に何人かの人々が近づいてくる気配があった。
誰かが来たと思って、僕もちょっと腰を上げるはずだったが、
「おい、終わった?」
という声が聞こえたので、再び丸くじっとしていた。

男の仲間のようだった。
危なかった…立ち上がるところだった。
もし、あの時立ち上がっていたら、僕はこの世にいなかったと思う。
「派手にしましたね」
「お前、服をそんなに汚して、バカか?」とか、
「立てて刺したのか」
と言い、声に混じって笑い声まで聞こえてきたので、僕は心の中でビビッて本当に息を殺していた。
しばらくして、また人が来る気配があった。
道警5~6人の人が​​いた。
新しく来た奴は、映画でよく見る黒い死体バッグ(?)のようなものを持っていた。
よく聞こえなかったけれど、


「●●・・・・(←僕の車両ナンバー)」と
「車・・・黒い・・・・」
と聞こえきてて、僕の車のことを言ってるようだった。
それで、一人が「しっ」と言ってみんなを静かにさせ、耳を傾けていた。
僕は心臓が裂けるんじゃないかと動揺し、とにかく早く家に帰りたいという思いをするだけ、静かに動かないでいた。
そして、しばらくしてあきらめたのか、がざがざしていると、やがて死体バッグのジッパーが閉まる音が出た。
水のようなものを撒く音がしたり、その後は何かは分からないが、ひどい臭いが強烈にした。
少し盗み見ると、死体を抱えてみんなに帰っていくようだった。僕は、息づかいも出ないようにじっとしていた。
男たちが行ってしまった後もしばらく静かにいたが、今回は複数台の自動車音が近づいてきて、少し離れたところで止まった。
僕の車がある方だった。
車の扉を開閉する音が一瞬して、反射的に体を動かして、車から反対方向の海に突進した。
狭い砂浜に出て横に全力疾走して、他の草の森に入ってうつぶせに隠れて、じっとしていた。


そこからなら、車の音ももう聞こえないだろうけど、とにかく僕はじっとしていた。
携帯電話も財布も全部車に置いてきたので、窓を壊されると身元がバレるだろうということに気がつかなかったが、とにかく明るくなるまで数時間はじっとしていた。
明るくなり始めると釣り竿を持った人が現れたが、僕は警戒して出ていかなかった。
さらに明るくなると、犬を散歩させる人などが砂浜に現れ、僕も混雑した隙に散歩するふりをしてやっと草の森から出た。
砂浜でしばらく散歩するふりをして、車で行ってみた。
もちろん昨日の殺人現場では顔を向けないように歩いていった。
僕の車の後ろに赤い小型車があったが、昨日の奴らの車ではないようだった。
自動車の窓は壊されておらず、特に変わったところはないようだった。
その時はそう思った。
それでも、万一のためにそのまま車の横を通り、そこから数キロ離れた旅館や民宿のある近くまで歩いていった。
そしてしばらく時間が経過した後、再び車の近くの砂浜まで、怪しい影がないことを再度確認してからやっと車に乗った。
始動をかけた後、速攻出発して猛スピードでそこから逃げた。
高速道路に乗ってから、ようやく安心して休憩所で水を買って飲んだ。
警察に電話しようかと考えながらも、ビビッてする勇気が出なかった。
迷いながら車に戻ってきて気づいた。
乗る時は知らなかったけど、助手席側の扉に30センチほどのナイフで描いた模様のキズがあった。
警察に電話するのはやめた。
そして車に乗らなくなり、車は売った。
数年前に転勤で遠くに引っ越したので、もはやその海岸がある地方に行くこともない。
これからも行かないだろう。








2022/01/17 23:41  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.