無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怖い話‐怪談】ある共同住宅のはなし

ある共同住宅で経験した物語。
数年前、学生だった僕はある共同住宅に住んでいた。
広い部屋なのに比べて賃料が安くて良い部屋なのに、
一つ気に入らないことがあった。
それはいつも夜11時くらいになると上の階で
「トントントントンン」
というノックのような音がするのだった。
最初は猫かなんかだと思ったけど、いつも決まった時間に音がなるので
上の階の居住者の仕業だと思って、
入居後3ヶ月が過ぎたある日に、上の階に文句を言いに行った。
しかし、上の階の居住者は、
「私の家ではありません。前にあなたの部屋に住んでいた人も似ている似たことを言っていいましたが、それは猫やネズミではありませんか?」
しかも、
「こちらには音のようなことは聞こえず・・・我が家は関係ないと思います」
ちょっとめんどくさそうな感じで言うのだ。
僕は納得できませんでしたが、上の階の居住者は本当に何の関係もないと言います。
その態度は、
「今回も下の階で言いがかりなので、適当にやり過ごそう」という感じだった。


その夜も
「トントン」
音が鳴り、僕はちょっとイライラして、ほうきを持って天井に向かって、
「ドン!ドン!」と天井をつついた。
すると…
「…トン…トントン…トントン!
狂ったように天井を叩く音が鳴り響いた、しかもその音の主人は天井の内部を蹴りながら這うように移動するのだ。怖い・・・!
僕は服で虫がくねくね動くような悪寒を感じました。
「カチカチ……」
その音の根源が彷徨って止まったのは、押し入れの上だった・・・
押し入れの中が天井に通じるのは知っていた。
僕は、
「危険だ…来る…来る!!…逃げろ!」
脳の警告に従って部屋を飛び出して、その日は友人の家に泊まった。


翌日、大家に事情を話して引っ越しすると言ったら、大家は、
「え?本当に? うーん…」
するうめき声の後に、
「少し待ってみて、調べてみるから」と僕の部屋に行くことにした。
部屋に入って押し入れの中を通って天井に入ろうとする大家。
しかし、天井に上半身まで入った時点で大家は戻ってきて、顔が青白くなっていた。
「すみませんが、しばらくお待ちください。」
「ああ、あなたも一緒に外にでましょ」
大家はそう言い、家に帰った。
その後、警察が来て天井の内部を捜索、僕は軽く事情聴取を受けた。
警察と大家は僕に天井にあった物を隠そうとしたが、大家が電話している隙に天井を覗いた。
そこにいたのは、白骨となった人間の手だった。







2022/01/11 23:52  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.