無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怖い話】3文字

僕は、ある古い共同住宅に一人で住んでいる。
この共同住宅は2階で、各階4部屋ある平凡な共同住宅だ。
ちなみに僕は104号室に住んでいます。
ある日、いつものようにスーパーに夕ご飯を買いに行こうと外に出たが、
共同住宅の前に警察車両が数台停まっていた。
何かあったのかと、思いながらもそのままスーパーに足を運んだ。
そして、そこで偶然隣に住んでいるYさんに会った。

Yさんは僕になんだか変なことを聞​​いてきた。
「お宅の部屋は、何ともないですか? 」
「いや、特に僕の部屋は・・・ Yさんの部屋は何かありあしたか?」
僕は聞き返した。するとYさんは重い口を開けて言った。
「実は昨日の夜、201号室の人と101号室の人がほぼ同じ時間に、目と喉をやられて死んでたそうです」

これは102号室の人が話していたことで、
夜11時頃に電話が鳴る音が聞こえたとそうです。
しばらくして、その音が消えたと感じた時は、何か話しているのかまでは聞こえなかったが、201号室、数分後には101号室で何か同じ三文字の言葉が聞こえたそうです。同時に意味が分からない声が・・・
だから102号室の人がとても怖がってて、次は自分の番ではないかと…
それで、今日は我が家で寝ることにしました。
若い女性だから一人ではやっぱり不安だろうから。
まあ、空手5段の無敵な主婦である私が一緒にいれば、一応大丈夫だと思いますが。
それでも、もし何が起こったら助けてといいますね!隣だからね!」
「あ…はい…わかりました」
僕がそう言うと、103号室のおばさんは買い物を終えて部屋に戻った。
僕も、夕食を買って部屋に戻った。
僕の知らない合間に事件が起こってたなんて…
僕が昨日早く寝たので…よし、今日はもしのために遅くまで起きていようか。
まあ、おそらく何かの偶然だと思うけど…ほぼ同時に電話が来て、3文字の言葉なんて…ぞっとするね…
まさか、Yさんの部屋で何が起きたら本当に笑うこともできないじゃないか…


そう考えながら夕食を食べて、そして黙々と雑誌を読んでいた。
…気づいたら、すでに11時になったのかな?まあ30分くらい布団を覆って待っても何も起こらなかったら、そのまま寝ようかな…
そしてしばらくして、10分後に眠りについた。もう大丈夫じゃないかと眠りにつく頃、何かの音を聞いて一瞬で起きた…
「トゥルルルル」
103号からだ。
そして耳を傾けてみると、斜め上の203号と、その横の202号室からも聞こえてくる。
おそらく102号室も鳴っているだろう。
こんなことがあるのだろうか。同時に4つの部屋の電話が鳴るなんて…ところで上の階の電話ベルが消えた。
何も知らずに取ったのかな? そして上からかすかに声が聞こえた。
確かに三文字だったけど、上だからよく聞こえなかった。
しかし、確かにその声は三文字だった。さらに、何かつぶやいているなと思っ…
今まで半信半疑だった僕もついに恐怖が襲ってきた。 Yさんが言ったことが今現実に起きている。
…ところでYさん部屋は?まだ電話が鳴っていた。警戒してとらないのか。それがおそらく正解だろう。
「上は死んだだろう」
なぜか、僕はほとんど確信していた。しかし、まだ102、103号はまだ電話が鳴っている。

僕は103号室に行ってみることにした。急いで靴を履いて外に出た。
まだ電話が鳴っている。
お願い、取ってはダメ…取ってはダメ…そう思いながら103号の扉を開いた。
「その電話を取ってはダメだ!」
ところがもう遅かった。恐怖を我慢できなかった主婦Yさんが電話をとってしまったのだ。
そしてYさんはしばらく受話器に耳を傾けてから、あの「三文字」のつぶやいた。

「はたよ」

意味が分からない言葉だ…何かかなり重要な意味に感じられて
なぜか途方もない悪寒が襲ってきた…
そして102号の若い女性がいつのまにか消えていた。
102に戻ったのかな?危険だ!
102号はまだ電話が鳴っている!取ったら…おそらく…!
そう思っていた時、本当に電話ベルが消え、またあの声が聞こえた。
「はたよ」

今、はっきり聞こえた。すると僕の部屋からも電話ベルが聞こえてきた。
***************************************************

まさか、
この共同住宅全体に・・・!?
まあ、大丈夫…取らないだろうから!
とりあえず女性のいるところへ・・・!
そう思って102号の扉を蹴ってしまった!
…女性は無事だった。電話を取った後、部屋の隅に丸まっていた。
とりあえず一安心した。しかし、僕は忘れていた。 Yさんは・・・?
急いで103号に向かった。
ドアを開けて・・・驚いた。
Yさんも無事だった。少しずつ震えながらもやはり隅に丸まっていた。
僕は、逆に気になった。
なぜ電話をとった二人が生きているのか・・・?ただのいたずらだったのだろうか?
いいや、そんなはずがない。
実際、それは101号、201号の人の目を抜いて首を切って殺している。
…ちょっと待って? 101、201号の人は電話をとったのだろうか?
もしかして…取ったから死んだのではなく「取らなくて」死んだんじゃ…

おそろしく寒気がしてきた。まだ僕は電話をとってない!まだ電話が鳴っている。
「急がないと! 」
焦りながら、急いで自分の部屋に戻った。
「トゥルルルル」
「トゥルルルル」
「トゥルルルル」
「トゥルルルル」
「トゥルルルル」
よかった。まだ電話が鳴ってる!それをとれば…
急いで電話をとった。
しかし、聞こえた言葉は僕が予想した3文字とは全く違う言葉だった。
「遅い」
そしてノックの音がした。








2022/01/14 23:42  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.