無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】ダメですか

美術界の専門大学に通ってた頃に経験した出来事。
1年生1学期は基礎課程なので、専攻の中でも絵や色彩学などを学んだけど、
この時期には課題が本当に死ぬほど多かった。
そして、授業に使う水彩画用パネルなどを前もって用意しなければならなかった。
片道1時間半の通学時間、朝6時登校し、バイトをして夜になると課題をする。
そんな生活をしていた僕は、この当時住んでいた実家が駅からバスで2駅ほど離れていて、帰宅時にコンビニに立ち寄って帰る日が多かった。
コンビニから出て、最初の停留所の前の近くは住宅街だった。
道路の向かい側の川沿いに造園会社の事務所があって、
バス停の斜め後ろには重装備のある駐車場と石と植木が並んでいた。
歩きながら、特に意味なく歩道の方を見ると、岩の前に人がいるのが見えた。
初夏の夜8時前、まだ少し暗いくらいで​​、人々もしばしば見える。

バスを待っている間、タバコでも吸っているのだろう。
白いTシャツを着た、小柄で がっちりと見えるおじさんの背中だ。
「チリリリリリリン!」
自転車のベルの音で、僕は後ろから来る自転車を振り返って、少し避けました。
そのまま自転車が僕を通り抜けて走っていくのを追ったが・・・なんだか違和感があった。
先ほどまで見えたおじさんの背中がなかった。
目を離したのはわずか数秒ほど。
近くにもおじさんの姿は見えず、駐車場のシャッターもぴったりと降りている。
過ぎながら敷地の中を覗いたが、やはり誰もいない姿だった。
その時点で僕が知らないのは間に、どこかに入ったり、見間違えたのかと思った。
週末が近づいていたので疲れもたまっていたし・・・。
夕食とお風呂を終えた後、僕はリビングで絵の具と格闘していました。
机には大きなパネルと材料を並べることができないので、テーブルで作業することが多い。

とりあえずリビングに出て、北の廊下に面した2つの部屋が両親の部屋と僕の部屋で、リビングち一緒で和室だったので、
リビングと僕の部屋を往復しても、先に就寝している両親に迷惑をかける心配もなかった。
真夜中が過ぎてからかなり過ぎた頃。
テーブルに向かっていたが、廊下につながった扉が右側の視野に入っていた。
窓格子にガラスが入った扉の向こうには、両親が就寝している時間なので、真っ暗なだけだった。
ところが、そこにさっきから少し、そっと動くものがある。
顔を回して見てみると、それはパッと消えた。
気になる。
何もいないはずの廊下で、確かに何かが動いている。
見つめると隠れる。
手は続けて作業しながら、さらっと視線だけを振り返った。
!!!
心臓が走った。
ガラス越しの闇の中に、くすんだ肌の手があった。
ちょっと出てはまた消えて……躊躇しながら、レバー型の取っ手に手を上げる。

またその隣には、当然手の持ち主の肩が見えている。
Tシャツ。丸い肩。白。襟から見える首が少し。
平静を装って、作業を続ける僕の視野の隅で、あいつは姿を垣間見ているように頭をかがめた。
突然、頭が降りてきて・・・・・・
パンパンに腫れた顔のおじさんが生気のない空虚な目で部屋を覗いてた。
「うああああああああああああ!」
僕は、叫んで立ち上がった。
実際、そのような声は叫ばなかったかもしれない。
隣人の小言もなく、両親も起きなかった。
僕が考えても馬鹿らしいけど、喉から声を絞って、僕は宣言した。
「幻覚が見える!もう心から危険です!僕は寝ないと!」

絵の具もパネルも放っておき、リビングにもキッチンにも電気をつけて
僕は僕の部屋に入り、引き戸を強く閉じた。
部屋の電灯ももちろんつけて、部屋から二段式のベッドに上がって毛布を覆った。
自分が出す音が消えたら、周囲は静かになった。
気分のせいだ、徹夜していたから僕がおかしくなったんだ…
そう言い返していた、その時。
「…ダメですか」
僕の部屋のドアの前で、はっきりと聞こえた。

もちろん、父の声ではなく知らない男の声だった。
そして、家の中は静かになった。
僕は結局、明るい部屋で朝を迎え、外が明るくなった後にリビングを少し見下ろした。
もちろん誰もいなかったし、廊下の正面にある玄関も鍵かかけられ、チェーンもかかっている。
ただし、リビングと廊下を分ける扉だけが少し開いていた。








2022/01/12 23:46  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.