無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怖い話‐怪談】危険な朗読会

この話は、私が中学校2年生の時の話です。
時期もまさに、今ぐらいの時期だった夏休み。
私を含むAちゃんとBちゃん、CちゃんがAの家で宿泊スタディグループをすることになりました。
その日、私はただ勉強するつもりはなかったので、「稲川淳二の怖い話」という本を持っていきました。
本来、この本は読書鑑賞文のために購入し、まだ読んでいない本。
Aの家で4人が夏休みの宿題をやっていました。
知らないところをお互いに教えあいながら、かなり進んだ。
時間もかなり流れ、今日はここまでで勉強を終えました。
私は待っていたと、稲川淳二の本を取り出しました。
そこに、もうわずかな食べ物を出したが、
Cちゃんはそれだけでは足りないと、あるもの持ってきていました。
Cちゃんはオカルトが好きで、よく憩時間に教室でインターネットで見つけた怖い話をしてくれる子でした。

Cが持ってきたのは、
1)ロウソク5個
2)ライター
3)正方形の白紙
4)白い粉末(おそらく塩)
Cが言う、
「インターネットで怖い話をするときの使い方を見つけた」と言いました。
臆病者のBちゃん
「なんだか怖いからやめない?」
そう言いましたが、Aちゃんが
「みんな一緒にいるから大丈夫だから」
その一言で、しょうがなく承諾しました。

その方法とは部屋の角にろうそくを立て、白紙の中央に赤いペンで紅門(紳士入り口の赤い扉)を描いた後、
その上に塩を積んでろうそくを立てるというものでした。
5つのろうそくに火をつけた後、部屋の火を消し、私の向かい側にはろうそくをつけたCが座りました。
いよいよ始まりました。
私は読書鑑賞文を兼ねようとしたので、稲川淳二を1話からゆっくり朗読してみんなに聞かせてあげました。
最初はみんな真剣に聞いていましたが、4話目を過ぎたころから
「あれ?」、「あ、知ってるよ」と干渉が入ってしまいました。
それから、Cが知っている話をすると言った。
その話もインターネットで見たような物語。
その物語の結末は、過ぎ去る人が一言いうことで終わるのに。
話の終わりに近づくとCちゃんが、
「…こちらに向かってくる人がいました。すれ違う瞬間、その人は…
「…呪われろおおおおおおお!!!!!!!」
Cが声を上げて決定打を放ちました。

その瞬間でした。
Bの後ろのろうそくが消え、私たちは一斉に叫びました。 。
気がつくとCと私はAを抱いていました。
A「・・・B・・・・B・・・・・・?」
Bは暗闇を背中に置いたまま、頭を下げて塩の上に立てたろうそくを眺めていました。
A「B!」
Bがすーっと顔を上げました。
その瞬間!
Bの後ろ隅から一斉に
トントン!キーギギットン!トントントン!!
たくさん壁を叩く音と、引っ掻く音がした。
再び私たちは悲鳴を上げていました。


次の瞬間にドアが開きました。
Aの両親でした。
Aの両親は部屋の変な雰囲気を感じ、私たちの両親を呼んで宿泊会は解散しました。
そして、私は両親に外出を許されず、彼女たちとは電話で話しかできませんでした。
しかし、その日のBを姿を最後にBとは電話もできませんでした。
もちろん、AもCも同じだそうです。
外出禁止が解除され、夏休みが終わり、新学期、Bは欠席でした。
その日、AとCと3人でBの家に行きました。
どんなにベルを押しても誰も出てこなかった。
3人はあきらめて、帰ることにしました。
その時、Cが、「あ!」
Aと私はCが指している指先を見ました。
白いカーテンがかかっている2階の窓には。
誰もいませんでした。


そしてしばらくして、HRの時間に担任先生が、Bが転校したという事実を教えてくれました。
そして、先生も両親もBがどこに行ったのかについては何も教えてくれませんでした。
Bはどこに行ったのでしょうか・・・
今考えると、幼い頃の好奇心というのは怖く感じます。








2022/01/11 23:45  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.