無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】詳細な解説

A県にある有名な心霊スポットの犬鳴トンネルに行った時の話。
当時高校生だった俺は、夏の深夜に不良な友達5人で集まって時間を持て余していた。
よくあるパターンで「心霊スポット行くかww」と話が出て、みんなでバイクに乗って1時間ほど走った。
到着したのは夜明け2時。
ビビった俺は山道でもそうだったが、莫大な雰囲気のトンネルを目の前に置くとビビる直前。 「余裕満々」と強がっていた奴も軽く体が後ろに引いていたww
とにかく、不良児だっただけに、みんな強がりつつ、真っ暗なトンネルに入ろうとしたが、普段は一番最初に入った井上(仮名)が一番後ろでうろたえていた。
正直みんなビビッていたはずなのに、自分よりビビっている奴を見つけて心に余裕を見つけた俺たちは「井上、何そんなにビビってんの?」と冗談を言い、顔を下げて青白い顔で「ビビッてねーよ」と強がっているのを、嘲笑って、俺たち4人は一斉に突進して中に入った。

当然ついてくると思っていたけど、後ろからは足音がなく、目の前は10センチ先も見えないほど真っ暗で、逆に俺たちが深いところで進退両難に陥った。
「大変だ、戻ろう」
やってきた道を走って急いで抜け出そうとしたが、外に出るまでもう少しの所で一人が
「あー、痛い痛い痛い!!」と絶叫しながらうずくまった。
何が起こったのか把握しようと振り返ると、必死に右腕を抑えながら叫んでいた。
「おい、どうした?」
そう言っても痛いとしか言​​わず、入り口付近に立っていた井上が俺たちを見て、
「早く連れてこい!」と叫んだ。
それを聞いて、3人で引っ張って行こうとしたのに、全く動かないのだった。
体重60キロほどだったのに、男3人が精一杯引っ張っても動かず、その間にも引き続き痛いと悲鳴。
ただ事ではない空気に俺たちはパニックだったが、突然うずくまっていた奴が狂ったように「ハハハハハ・・・」と笑いだした。
目は白身を向いていて、顔はめちゃくちゃにねじれていた。

その瞬間、そいつの体が軽くなり、「今だ」と思った俺たちは外に連れ出した。
連れ出しても、ずっと笑っているだけの奴に井上が近づいて
「しっかりしろ!」と叫んでを叩きながら顔を殴った。
すると、驚いたようにそいつが正気を取り戻して「え、何してんだ?ここどこ?」とおかしなことを言って状況終了。
誰も冗談を言う雰囲気ではなく、普通に今あったことを教えると…
「そういえば、顔と腕が痛い」
そう言って右腕のシャツをまくると、骨のように薄い手跡が鮮やかにできていた。
俺たちは怖くなって「早く帰ろう」と言い合って、オートバイ5台で揃って山道を走って帰った。
腕に手跡ができたやつが一番前に、二番目には井上が走っていると、
何もない平坦な道で手跡のついたのやつ派手に転んでしまった。
井上にも後ろにいた俺たちも急ブレーキで、何とか二次追突は避けられたが、倒れた奴は血まみれ。悲惨な状況を経験しながら、俺たちは家に着いた。
手跡のやつは近くの緊急病院に直行、俺たちは井上の提案でお寺にお祓いをしてもらうことにした。


しかし、まだ午前4時で、朝になるまでファミリーレストランでご飯を食べながら待つことにした。
そんな中、井上がさっきの事件について話を出した。
「お前ら、トンネルの中に立っているおばあさんが見えなかったの?真っ暗でもおばあさんだけ、はっきり見えたのに…怖くて入れなかった!
ところでお前らは自ら走って入っていったのに、おばあさんも連れて一緒に行くんだよな。
それで、お前らが戻ってきているのに、彼女があいつ腕をつかんで、奥に向かって引っ張っていた。
さーっとおばあさんが消えた瞬間、あいつが笑い始めた。そして転んだ時、あいつの後輪が横から押されたように滑っていた。そうなったら、倒れるしかない。」
俺たちは、何も言えないまま、手跡のやつの連絡を待ち、打撲と擦り傷だけで入院する必要はないとい知らせを聞いて、合流して朝早くからお祓いをして過ごした。
そして、数年が過ぎた俺たちはまだ仲良く過ごしている。







2022/01/10 23:37  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.