無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】かかし

年末から年初まで、僕は故郷の群馬に戻って郵便局でアルバイトをしていた。
高校2年生の時から休みには必ずこの郵便局でアルバイトをして、田舎でもあったので、その郵便局の配達経路を全て覚えていた。
なので、郵便局では「経験者が帰ってきた!」と喜んだけど、今回は初めて郵便局でアルバイトする高校生Sの引率を務めてしまった。
簡単に言えば、2、3日間一緒に配達しながら配達経路を案内してあげろということだ。
このSは結構人当たり良くて、僕とすぐに冗談を言うほど親しくなった。
こいつが配るところは50ヶ所ほど。

配達する家は少なかったが、それぞれの配達場所まで深刻なほど遠い地域だ。
アルバイトを始めて8日目だった。
僕とSの配達地域はお互いに近かったので、郵便局に戻るときにバス停の隣の自販機で会うことを約束していた。
その日、Sは目を真っ赤にして涙を流し、猛烈なスピードで自転車に乗って現れた。
時間は17時になろうとした時点で、すでにアルバイトする場所に戻ってないといけない時間を大きく過ぎていた。
滑って転がった様で、顔も服も自転車も土だらけだった。
「どうしたの?」と聞くと、「怖い、怖い、怖い・・・」とだけ繰り返すだけで要領を得なかった。
僕は配達物を破損したり紛失したと思って「まず郵便局に帰ろう」とSを導いて帰ってきた。
Sの姿を見た集配課の課長が何かあるかと駆けつけてきた。
課長が「どうした?手紙をなくしたのか?」と聞くとSは「全部配達した」と話した。
どう聞いても全く話の内容が分からなかったので、僕が「何があったの?」と聞くと「信じてくれないです」とSは言った。

その後、何人かの局員が帰ってきて、同じようにSに尋ねたのに「信じないから」と終始一貫。

ある局員が「もしかして黒のかかしを見たの?」と聞くと、Sは何度も頭をうなずいた。
もう一人の局員が「あ、森で?それとも川?」と聞くと、Sは「両方」と答えた。
Sの配送経路にAという家がある。
配達物で見ると、ある中年夫婦の二人で暮らしているようだ。
そこまで行くには、300mほどの暗い森を通り、小さな小川を渡って畑の間の道を通らなければなりません。
正直、こんなところに家に作らないでほしいと言いたくなるところだ。
そのA住宅は20年ほど前に火事があったようだ。
その火事で夫婦の子供たちと老人3人が死亡したという。
老人のおじいさんは子供を病院に移そうとし、森の道で力が尽き、おばあさんは焼け残った状態で小川に浮上し、子供は救急車で病院に運ばれたが行った病院で死亡したという。

もう、Aの住宅は畑の道を過ぎた場所だが、以前は今の畑がある場所だったようだ。
局員の話では、おじいちゃんは子供を探して、おばあちゃんは今も暑さから逃げようとしているのではないかという。
「最初はかかしだと思った。ところが真っ黒な髪が目を開けるんだ。真っ白な色の・・・」とSは言った。
僕もふと振り返ってみた。
確かに、その畑にかかしはなかった。
だが、今年に入ってちょうど一度、川に浮かぶかかしを見た気がする。







2022/01/07 23:45  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.