無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】供養人形

昔の話でも大丈夫なら・・・。
僕が小学生の頃だったか。
季節は8月、夏休みの終わり頃だった。
僕の故郷は海岸でしたが、海岸線に沿って堤防があり、堤防の近くの土手で友達とよく遊んだりしていた。
夏休みが終わる頃、僕たちはスケートボードを持って出てきて、その堤防の土手の近くでスケートボードに乗って遊んだ。
しばらくして、僕は喉が乾いたので、近くの自販機までジュースを買いに行った。
他の友人たちは、まだ堤防でスケートボードに乗っているのが自販機の横からも見えた。
ジュースを買って堤防まで帰る途中でふと気づいた。
「・・・友達の一人がいないじゃないか」
僕はある友達がいないことを他の子供に言った。
「Yがないようだが」
しかし、他の友達はみんな、
「さっきまで確かにいた、いたのにな…」
という感じでどこに行ったのか分からないという様子だった。

その時の海は満潮で風も強く、波は荒れていた。
海に落ちたら大変だ。
そう思った僕たちは急いでYを探し始めた。
堤防の下側は草で覆われて茂っていて、ひどいところは人の身長と同じくらい成長していた。
そこを通り抜け、仲間たちと共にYの名前を叫んで探していた。
それから友人一人の声が聞こえたのに。
「ここにいる---!」
僕たちはその声がした場所に急いで走りました。
そこにはYが倒れていて、その隣には叫んで友達の姿があった。
Yの顔は死んだような顔になって左足首を押さえていた。
顔は汗で濡れていてし、うわごとのように何か呟きしていたので、
僕たちは、ただごとではないのを感じ、すぐにそいつを自転車に乗せて近くの病院に連れて行き、Yの両親に連絡をした。

Yは複雑骨折でした。
しかし、変なことなのは縦に骨が折れてような感じだったという。
Yの両親から感謝されて、僕たちは家に帰った。
2学期を迎えた後の最初の日曜日、僕はその時一緒にいた友達と一緒に、Yが倒れていた草の森を探検に行った。
なぜあんなところにYが倒れていたのか?
なぜあんなに怪我していたのだろうか?
・・・少しは探偵のような気分だった。
しばらく探したけど、何も見つからなかった。
一緒に探索していた友達は飽きてしまった様で、堤防に行ってスケートボードに乗り始めた。
僕もそろそろ退屈になっていた。
その時だった。
Yが倒れていた所の少し渡って草が育っていないところを見つけた。
行くと、そこには何かを燃やした痕跡があり、炭のようなものが山のように積み重ねられていた。
ゴムが焼けたような嫌な匂いがした。
近づいてゆっくりと観察してみた。
全身に鳥肌がたった。
それはすべて人形だった。
京都人形みたいだったのと覚えている。長く細い目と小さな唇が真っ黒に燃えていた、
その人形が50・・・いやそれよりも多かったと記憶している。
その中でたった一つ、その山積みされたものから離れた人形が目に入った。
その人形の左足首が真っ黒に焦げて溶け落ちていた。
怖すぎて人形は友達にも言わなかった。
ただ早く家に帰りたくて、友達を促してその場を去った。
帰宅して両親にそのことを話してみた。
両親は最初は笑って聞いていたが、僕が人形を見たという話から、顔が深刻になった。

両親から静かにある話を聞いた。
僕が住んでいた村は昔、海だった。それを干拓して埋め立てたところ。
その作業は当時は大変で、多くの人が犠牲になったという。
犠牲になった人々を供養するために神社に人形をその都度奉納していた。
人形を奉納していた神社は今は管理されず、誰も尋ねる人がいなくなってしまったという。
そしてその神社が、僕たちがスケートボードして遊んでだ、あの堤防の近くにあるという。
誰がその人形をその場所で燃やしたのか分からない。
あの時、何があったのかをYに尋ねても口を閉じて何も言わなくなってしまった。
その時から長い時間が流れましたが、僕は今でも人形が嫌いだ。
どんな人形を見ても、あの時のことを思い出すようになるから。







2022/01/07 23:40  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.