無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】木箱の中身

これは先輩の友人が経験した話だ。
その友人は、まだ十代の妹がいた。
妹は高校中退後、偶然のきっかけでホスト遊びにハマり、ある程度の借金ができたという。
そして決まったコース通り、ホストに裏の世界で働き口を紹介され、風俗店で勤務するようになった。
しかし、彼女は三日も持たず、切羽詰まって家のお金に手をつけた。
もともと家は土建業をしていて、バブル時代には威勢も良かった。
だが、その頃にはかなりの経営難になっていたようだった。
お金を流用されたのをきっかけに親の会社は不渡りを出し、結局倒産したという。
住んでいた土地も奪われ、一族がバラバラになった。
彼女は自分が犯したことを自殺で贖罪したというのだろうか?
逃げたのかもしれない。
妹を大切にしていた兄は深い悲しみが激しい怒りに変わり、裏の世界を紹介したホストに復讐することを誓う。

ただし、失意に陥った親をこれ以上窮地に追い込むことはできなかった。
それで先輩に相談したけれど、少し怖い計画を立てることになったのだ。
ある日の朝早く、お酒に酔って店を出るホストを待ち伏せして襲撃し先輩たち三人で拉致した。
車のトランクに押し込み、連れて行った所は山の中の廃墟となったホテル。
殺伐とした部屋に手錠をかけてホストを監禁。
先輩の友人はあらかじめ用意していたものを取り出してホストの前に出した。
「この写真の女を覚えていますか?」
死んだ妹の遺影だった。
「○○は、お前に謝罪されるまでは成仏できず、夜になると枕元に立っている」
遺影の隣には、白い布で包まれた木箱を置いた。
「一日中謝罪しろ。今夜、枕元に現れなければ、迎えに来てやる」
この話がどこまで本当か、先輩は知らなかったという。
ただし、喉の渇きを訴えるホストに、その友人は自分でミネラルウォーターをあげたという。
その姿は、本当に妹に謝罪させようとする姿のようだったという。

翌朝、夜明けに三人で集まっては再び山の廃墟に。
みんなかなり緊張して部屋のドアを開けると、
・・・ そこには誰もいなかったという。
手錠は片側が洗面台の配管にかかっていて、自由に外すことはできなかったはずだった。
それでも、粗雑な手錠ぐらいは、串が一つで簡単に開けれたのかもしれない。
財布と携帯電話はそのままあったが、ホテルの前は古い道。
人通りはまばらではあるが、自動車が通り過ぎることはある。
「逃げてしまったな」
先輩たちは周囲の探索を諦めて車に戻ることにした。
その友人は、遺影を脇の下にかかえ、両手で木箱をつかもうとして、驚いた。
「え、なにこれ」
木箱の中に遺骨が入っていると先輩は考えたが、そうではなかった。
「あー、ただの箱なんだ。納骨は終わったてた。ただ怖がらせようとしただけ」
友人が白い布をほどくと、ふた付きの木箱が現れました。
「中は空っぽだけどね」
ふたを開けると、箱の中には黒い土のようなものがいっぱい入っていた。
「なんだこれ」
箱をひっくり返して土を出すと、拳の大きさの塊が一つ出てきたという。

先輩と友達が近くで確認しようとしたら、鼻を突く悪臭がした。
隣にあった木の枝で刺してみると、それは干からびたミイラのように見えた。
「これは胎児なんじゃない…」
先輩と一緒に来た人は顔に見合わせて、震える声で友達が話したという。
「妹がやつを連れて行ったのかもしれない・・・」
二人に鳥肌がたってくると、友人はずっと言い続けた。
「遺書に書かれていた。あいつと子供と一緒に三人で暮らしたかった」
後で先輩が言うには、多分その友人がホストを殺したんじゃないか、ということだった。
先輩もその友人と連絡がつかないまま数年が経ったという。







2022/01/04 23:46  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.