無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】息づかい

数年前、栃木県の地方病院に勤務していた時のことです。
その日は、夜勤のため病院を出た時はすでに夜10時を過ぎていました。
家は病院の職員住宅、病院とは300メートルほどの距離にあり、その日も歩いて帰宅中でした。
帰り道はかなり広い道路なのに、夜9時を超えると街灯が消えて、足元が暗く見えました。
道路の周りの田んぼは、ちょうど植え付けられた時期の風景でした。
私は帰宅を急いで少し早く歩いていました。
ふと、5メートルほど前に白い服を着たおじいちゃんが杖をつかんでゆっくり歩いていることに気づきました。
おじいちゃんとの間隔はますます近づき、すぐに追いつくようになりました。

そして、なんだか変だなと思いました。
街灯が消えていると言っても仄かな明かりはあったので、
人がいたら最初から気づいたはずです。
道路の横にある田んぼも、人が隠れれる場所ではありませんでした。
そう思ってから、背中に寒気を感じました。
まあ、暗闇の中を一人で歩いているから、最初から怖いと感じたようなのに。
知らずにいたが、不意をつかれたこともあって、多分この人はこの世のものではないかもしれないという、そんな感じのため心臓が早くなったが、結局追いつきました。
追い越しの瞬間にその人を見ました。
身長が低くて腰が曲がったおじいちゃんでしたが、人間の存在感というか息づかいを感じることができました。
前進する間の瞬間でしたが。
ああ幸いだ、やっぱり生きている人だよ、普通の人なので、一応は安心できました。

そして、私とその人との距離はどんどん離れていった。
そして、次にまた凍りつきました。
あれ、足音が聞こえない、おかしい。
そんな気がすると、怖くなり反射的に振り返りました。
すると何と言うべきか・・・。
そこには誰もいませんでした。
もちろん、人が隠れる場所はありません。
消えたとしか考えられません。
やはり第一印象そのままだった様です。この世の人ではなかったと思います。
しかし、追い越す瞬間には人間の存在感を確実に感じました。
それは、人気というよりも、もっと強くて確実な息づかい、体温のような、明らかに実体を持っているという感じでした。
不思議な体験でした。







2022/01/01 23:46  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.