無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怖い話‐ホラー】留守番

一人で留守番していると、電話が鳴った。
「お母さん、いらっしゃいますか?」
買い物に行きました。と私は答えた。
「お父さんは?」
会社に行きました。と私は答えた。
「せっかく近くまで来ることになって、預かっていた荷物を返したいのに、どうしよう?ドアでも開けてくれますか?」
わかりました。と私は答えた。
しばらくすると、玄関のベルが鳴った。
ドアを開けると、段ボール箱を持っている知らない人が立っていた。
「ありがとう、家は立派ですね。今君一人だけ?」
「はい」
「じゃあお嬢ちゃん、荷物を置きたいんだが、パパの部屋はどこ?」
「父の部屋は入ってはいけません」
「大丈夫。おじさんはお父さんの友達だから」
「それでもダメ」
「それでもお父さんの部屋に置いていかなければ、後で君が起こられるよ」
「でも・・・」
「大丈夫、おじさんがお父さんにあらかじめ言っておくよ」

私は、渋々に父の部屋を教えてあげた。
「ありがとう、もうおじさんが直接やるから、お嬢ちゃんはそこにいて」
おじさんは箱を持って父の部屋に入った。
私は、聞いたまま待っていた。
父の部屋の扉を見ながら待った。
しかし、おじさんが出てこない。
私は父の部屋の前に座って静かにドアを見ていました。
音も全く聞こえない。
私はドアを開けて、父の部屋の中を確認しなければならないと思った。
なんかおじさんが出てこないのが不安だったからだ。
「おじさん?」
・・・・・・返事はなかった。
慎重にハンドルに手を置くと、ドアは簡単に開いた。
「おじさん?」


部屋の中を覗いた。
・・・誰もいない。
窓も閉じたまま、机の下にも誰もいなかった。
ただ机の上にさっきの段ボール箱が置かれているだけだった。
箱の中身が気になりました。
小さなダンボール。
私は入ることができないサイズです。
昨日読んだ怖い話が思い浮かびました。
犯人が探偵に追われて証拠を隠すために遺体を切って、小さな箱に隠す話だった。
この箱を開けてはいけない。
この箱を開けてはいけない。
なぜなら、ここには・・・・・・
そう考えながらも、ゆっくりと手を伸ばした。
この中には・・・。

それから電話が鳴った。
息が止まるほど驚きました。
電話はいつも入ってはいけないと言っていた父の部屋にある電話だったからだ。
目の前の電話が鳴っている。
3回・4回・・・5回.. ここで電話は止まって、
留守番電話に変わった。
「部屋に箱があるだろう?」
おじさんの声だ。
「箱を開けてみなさい」
私は言われるままに箱を開けた。
・・・・・・中には何もなかった。
「私がどれほど本気なのかわかるだろ」
私は箱を手で払った。
やっぱりあのおじさんは悪い人だった。
ふと気づいた。
「しかし、考えが変わったんだ」
おじさんの声
「箱の中身が入るのはこれからだ」
後ろからも聞こえるということを・・・。
振り返ると私の前に、おじさんは笑って立っていた。








2022/01/01 23:53  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.