無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】囲むように

友人の物語。
6年前ほどの話だが、Mは心霊スポットスポットマニアで各地の心霊スポットに通った経験があった。
その本人は霊感が少しあったが、ごくまれに見えるほどだった。
その年の夏、Mと彼の友達は樹海(富士山周辺の広大な広さの森)に行きました。

Mは少し気持ち悪い感覚を感じていたが、ここは東日本最大の心霊スポットである富士の樹海。
だから、もっとすごい感覚が感じられたこともあって、少しは期待以下だという感じもあった。
樹海につながる散歩道を懐中電灯の光に頼って歩いたが何も起こらず、みんな闇の恐怖を味わうほどで、満足して帰る道に戻った。
帰ってくる車の中、TVとかたいしたことない話題で和気あいあいしたが、Mだけは落ち込んだ表情だった。
他の人はMの姿を見つけ、「大丈夫?体調でも悪いの?」と話した。

「樹海に入る時の不思議な感じがまだ抜けてない」とMが言った。
「気にしすぎじゃない?」と他の人が言って、話題は再びたわいもない話に戻した。
高速道路で地元のICから降り、近くのコンビニでお酒を買うことにした。
車から降りて、みんな深夜の人気ない店に入った。
一行の姿が大きなガラス窓に映った。
その時、Mは違和感を感じた。
一緒にいた友人Iが少し大きく見えたのだ。
残りの他のやつたちの背は変わらなかったのに。
しかし、窓に反射するIは他の友人より少し大きく見えた。
窓から目を回して、飲み物を探しているIを見た。
いいや、決して大きく見えない。
Mは再びガラス窓を見た。
あることに気付いた。
Iの体の周りに黒い影がついていた。まるでIを取り巻くように。
いいや、違う。その後にさらに巨大な人がいるように見えた。


またIを見た。
近くにそんな大きな人はいなかった。
やはり違和感は間違ってなかった、何かがIについてきてしまったんだ!
Mは少し霊感があるが、それを取り除くことは不可能だった。
「Iには、悪いが、そっとしておこう。僕の方にくっついてこないし」
Iは霊感がないから、じっとしていれば気づかないかもしれない。
Mはこうして結論を​​出し、沈黙を守った。
その後、数日か数ヶ月が経ってもIには何も起こらず、M本人もその事実を忘れていた。
しばらく心霊スポットも行かず、大学の夏休みに家に帰った。 Mは母子家庭で、自分を育てた母親に大学の様子などを伝えた。
その日の夜、母と布団を並べて寝てようとしたその時、突然の激しい金縛りがMを襲ってきた。
重い空気が体を押しつぶそうとして Mは押さえつけられた。


「お母さん!お母さん」
横に寝ている母親に助けを求めた。
しかし、母親には伝わらなかった。
すやすや寝ています。
どうやらMだけが金縛りにあっているようだ。
ふと庭で気配を感じて窓を見た。
「!!!!!」
そこでMは恐怖を感じた。
窓の左上から女が顔を出して覗いていた。
頭を下に向けて、無表情な顔で、目は少し動かさず、
恐怖で硬直したMの顔を見ていた!
「うわあああああ!」
Mが悲鳴を上げた瞬間、その顔は窓の左上から右上にすごい速度で滑るようにそのまま消えていった。
Mは恐怖に勝てず、そのまま意識を失った。
後でMは僕にこう言った。
「あのコンビニは黒い影、女だった……その時、Iじゃなくて私についていたんだ。まだ時々見えるから。今は慣れたけどね」








2022/01/03 23:45  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.