無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】何も必要ない

私は小学校6年生、妹が小学校5年生の頃です。
ある日、友人AとBに空き家に入って遊ぼうとと提案した。
怖いものを見るかもしれないので、当時落ち着いていて、頼りになった妹に一緒に行こうと言ったのに、なぜか行きたがらなかった。
しかし、「私に何が起こったら、どうする?姉ちゃんがいなくなっても大丈夫?」と言って、無理やり連れて行った。
空き家の様子は特に覚えていないが、普通の空き家だったと覚えている。
荒廃した姿ではなく、本当に平凡な家だった。
「こんにちは」と言ってAとBが玄関に入り、その後に私と妹がついていった。
奥に階段が見えたとき、突然「だめ」と言いながら妹が私の服を引っ張った。
「なに?」と振り返る瞬間ドン!と大きな振動が足に伝わってきて、私は驚いて全身を針に刺されたような恐怖に包まれた。

続いてまたドドン!と大きな音がしたけど、振り返る暇もなく
まっすぐ妹に連れられて玄関の外に出された私は、恐怖で体が硬直されてドアの近くで座り込んでしまった。
すると妹がBの腕を握って玄関から連れ出すのが見えた。
Bの体の力が完全に抜けていることが分かったけど、おそらく私はそこで気を失ったようだ。
気がつくと知らないベッドに横たわっていて、近くの病院だった。
見たこともない怖い表情をした母親に「バカもの!」と妹が一緒に部屋に入ってきた。
私は父をギュッと抱きしめ、妹は母親を抱きしめていた。

その夜に家で、あの時Bが死んで、Aが腰に大きな怪我をしたことを知りました。
私は、怖くても悲しくて母と妹にすがりついて何時間も泣いた。
母は「あなたのせいではない。誰も間違っているわけではない」と何度も慰めてくれた。
何が起こったのか誰も教えてくれなかったし、私も怖くて聞けなかった。
一週間休んで学校に行くと、Bは事故で死亡したことになっていた。
みんな私に色々と聞いてきたが、空き家の話は口止めされていたので、「覚えていない」としか言えなかった。
たった一度、横のクラスのBの机に花が置いてあるのを見た。
私は胸が縛り付けられて、そのクラスの前の廊下を通らないようにした。
Aは妹と同じクラスだったが、Aは事故後一度も学校に来ないまま転校してい行った。
私は半年ほど過ぎて父の仕事のため引っ越してから、決心して母親にあの時のことを聞いてみた。
あの家には、入って少し奥の左の壁にリビング用の大きなエアコンがあった。

偶然それが落ちて、その下にいたBの頭に直撃して、Bは即死した。
また、エアコンが落ちた衝撃でリビングの大きなシャンデリアがAの背中に落ち、鉄飾りが背中に刺さって34針を縫ったと。
シャンデリアのかけらが倒れたBにも刺さり、Bを助けようとした妹の靴底にもたくさん刺さっていたということだった。
あの時、妹が服を引っ張ってくれなかったらと思ったら、私は恐ろしさに耳をふさいで座り込んでしまった。
妹に「命の恩人だから何でも欲しいものがあればあげるよ」と言うと、
笑いながら「何も必要ないよ。お姉ちゃんがいるだけでいいよ」と言ってくれた。







2021/12/08 23:51  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.