無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】道路側から押された

1年程前にアルバイトに行く途中で起こったこと。
その日は、ちょうど普段使っていた自転車が壊れたので、歩いてアルバイトに向かっていた。
遠い距離でもなかったし、歩いて行っても大丈夫な感じだったので。
アルバイトの勤務時間は深夜だったが、僕は幽霊のようなものを全く信じていなかったから、怖いとかそういう気持ちはなかった。
まあ、何だかんだ5~10分ほど歩いて順調にバイト先まで到達した。
道路を挟んで倒れたら鼻の当たるところという感じまで。
正確には、そのお店(とはいえコンビニだが)に行くには少し離れた横断歩道を渡らなければならないのに、面倒だった僕は当然のように道路を無断横断をした。車もいなくて…
馬鹿のようにのんきに歩いていていると、コーナーを回って来た車に引かれた。
プープー 大きなクラクションの音が聞こえてきて…

初めて「死ぬ!」と心から思った。
車と僕の距離がかなり近づいたとき、道路側から誰かが「ドン」と僕の体をすごい力で押し出した。
そのおかげで、僕は命拾いしました。
霊魂のようなものは全く信じていなかったが、道路側から誰かが押すというのはありえないことで、そのおかげで生き残ったのも事実だったから…
ひとまずは道路側に少し祈った。
「助けてくれてありがとう」と。
これで終われば良い話なのに、その日家に帰る途中で最悪のことが起きてしまった。

とにかく、その事件はすごい騒ぎにならず、運転していた人に「次は気をつけて!」くらいお叱りをうけて終わった。
僕はそのままアルバイトに行って、あれこれしていたらどんどん先ほどのことは気持ちのせいだったのかも…と思うようになっていた。
普通はありえないことだったから。
ひとまず、その日のアルバイトがそろそろ終わろうとする時間に友達が来て、
今から我が家に用があると、アルバイト終わるのを待って一緒に帰ることになった。
そして、コンビニを出た時に先ほどあった話を友達にした。
その友達も「まさか偶然だろ?」みたいな感じで信じるか否かという感じだった。
だから、ここで事故を怒りそうだったという感じで、少し道路の前まで行って細かくそいつに説明した。
愚かなかもしれませんが、僕はそんな事故にあったのは初めてで、誰かに言いたかった。
しばらく話をして「じゃあ、そろそろ行こうか」という感じになった時、後ろから「ドン」という衝撃が来た。
正確にトラックが来た時、その衝撃が来て道端に転がりそうになった。
幸いにも、友達が僕の手首を精一杯引いてくれたので何とか轢かれずに終わったが、友達と僕は激しくパニック状態になった。

まずは僕の家に行って二人で、少し落ち着くまでしばらく何も言わなかったが、落ち着きを取り戻した友達が
「お前の後ろに変な子供のようなおばさんがいった…」と言った。
それを僕に言おうとした瞬間、そいつが僕の背中を押したんだとか。
当然のことながら、僕は友達と翌日近くの神社に行き、神主さんに話をしたら、簡単に厄払いをしてくれた。
僕は見れなかったけど、友達の話によると、
身体自体は白髪の子供のような感じで、顔だけいっぱいシワ(友達曰く、150歳)おばあちゃんが憑いていたという。
助けてくれたことを見れば、良い霊かもしれないが殺そうともしたし…。
結局どちらか分からないが、笑えない事件だった。








2021/12/07 23:53  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.