無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】曾おじいさんの葬式

これは僕が18歳の時に経験したことです。
場所は明らかにできませんが、関東地域です。
夏休みの最後の日に家の布団の中でごろごろしていると、母がちょっと焦った様子で入ってきました。
「何があった?」と尋ねると、母は「曾おじいさんが亡くなった」と
そしてしばらくして、母が「葬儀を次の日曜日にするから、金曜日の夜に出発しよう」と言いました。
金曜日になって、父は出張で海外にいて帰ってこなかったので、僕と母、そして二人の妹と一緒に曾おじいさんの家に向かいました。

曾おじいさんは96歳の年齢で亡くなり、誰が何といっても天命を全うしたので親族はみんな和気あいあいとした雰囲気でした。
ところが、この曾おじいさんが死んだ地域には独特の風習があり
それは、火葬をするまでの夜、男は寝ないで交互に死体をそばで守るということです。

親族は全国に散らばっていて、ほとんどは火葬の際に来ることになっていたので、僕にもその役割が回ってきました。
僕にきた日の夜、月が出てきて静かだったことを覚えています。
親戚に聞いたことは、夜に死体の隣にいるときは部屋に電気をつけてはならない、そして夜が明けるまで、扉を開けてはならないということを聞いて引き受けた役割につきました。
当時受験生だった僕は部屋のろうそくにつけて、教科書を読んでいました。
とても静かでしたが、その時外で音がしました。

最初は僕も特に気にしませんでしたが、その音がますます近づいていました。
よく聞いてみると足音のようで、それも一つではなかった10人ほどの足跡でした。
親戚かと思いましたが、時計は夜明け1時が過ぎた頃でした。
足音がドアの前で止まり、突然また先ほどのように静かになりました。
そしてしばらくして、誰かがドアをノックしました。
親戚が状況を見に来たと思って開こうとしましたが、親戚が言ったことを思い出し、扉に手を置いた時点で止まりました。
またまた、ノック…今回は声も聞こえました。
「○○ですが、××はいますか?」
僕は固まりました。××は亡くなった曾おじいさんの名前でした。
僕は怖かったり、扉から離れて体をすくめました。
引き続きドア側からは、声が聞こえました。
困惑した僕は、
「××はいません。なくなりました!!」と大声で叫びました。

すると、声は止まり、足音もドアから離れていきました。
やがて朝になってそのことを親戚に話すと「よく耐えた」とだけ言われました。
しばらくして葬儀は始まり、変なことはなく葬儀は終わりました。
墓に納骨しに行くとき、その役割にはどういう意味があるのか​​親戚に尋ねると
「それは死体を取らないように守る意味がある」と言いました。
またこう言われました。
「お前が聞いた○○という名前は、おじいちゃんが戦争を経験した時の仲間だ」
と、そして
「その人は空襲で戦士だった」といいました。
僕が夜中に聞いた声と足音は、曾おじいさんの軍時代の仲間たちが曾おじいさんを迎えに来たのかもしれません。







2021/12/07 23:45  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.