無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】トイレ行く?

こういう話を投稿してもいいのか分からないけど、一応は時効は過ぎたので。

10年前、僕が高校1年生の時、親しい友達と一緒に郊外の廃家に入って、薬を吸ったりしたりしてた。
そこは先輩たちから受け継がれた場所だったが、もともとはラブホテルだったようで、一部の客室にはベッドも残っていた。
もちろん、そこはいつも真夜中に行っていたので懐中電灯を持参し、主にロビーとして使われた場所で吸っていた。
スプリングがギーギーしても、一応はソファがあったから。
だいたい、そこに行ってた一行は4、5人だった。
他の不良な奴らにも完璧な場所だったが、僕たちより先に来てた(高校)先輩たちがかなりやんちゃな人々だったので、他の奴らは来ない最高の場所だった。

その日も、僕は含めた5人でロビーで吸っていた。
霧雨がパラパラ降る音がした時、シロウが「トイレに行く?」と言った。
トイレはいつも、外の草むらでしていたが、雨が降ったので外に出たくなかった
「あのドアの内側にはなかった?」と一人がロビーの内側のドアを懐中電灯で照らした。
「あ、でもおそらく水が流れないだろう」と言ったが、シロウは「大丈夫で大丈夫」といいながら、懐中電灯を持って消えた。
「あった、あった」とつぶやいた声が小さく聞こえた。

しかし、10分経っても20分経っても戻ってこない。
やはりおかしかったので、一人が「おい、長くないか?」と奥の扉を開けて入った。
すると、青白い顔で出てきた。
「おい、いないぞ、シロウ」
いないって?
「ないって?全部確認してみたのか?」と、それでみんな一緒に扉を開いた。
そこは事務所のような場所だった。
2つの部屋がつながっていたが、トイレがないことはすぐに分かった。
しかも他の出入口はなかった。

シロウが一つ持って行ったので、懐中電灯は二つしかなかったが、人が入るところはどこにもないことは明らかだった。
その後ロッカーや机の後ろまで探して回ったが、結局シロウは見つからなかった。
考えられない事態に僕たちはビビッてしまい、とりあえうこのことを誰にも言わないようにすることにした。
僕が言うのはあれだけど、シロウの家はまともな家庭環境ではなかったせいなのか、息子が帰ってこないのに、行方不明の届け出もしていないようだった。
結局、行方不明のまま、シロウは突然消えた。
僕たちは、そのラブホテルに行かなくなった。
高校卒業後も、僕はずっとそのことが気になった。
消えたことよりもシロウがなぜ「あった、あった」と言ったのだろうか。
なぜかそれがとても怖かった。


数年が過ぎ、道で偶然当時の友達と会った。
近況を聞いてみると、自然とあの事件の話になった。
友達はその後、先輩たちに、なぜあのラブホテルが廃墟になったのかを聞くことになったという。
ぞっとした。
お客さんが何人か行方不明になったからなんだそう…
どのように消えたのかは分からないが、それだけで十分だった。
友達はそうを言いながら、なぜか頭を下げて氷だけで残ったレモンティーをストローでずっとかき混ぜていた。
脂汗がにじんでいたので、「おい、どうした」と肩を振った。
すると友達は、あの時のシロウが「トイレ行く?」と言った後の微妙な流れについて口を開いた。
「俺が、あの時シロウが入った扉から一番近くにいたこと…覚えてるか?」
聞いてみると、そうだったようだ。
「俺さ、ドアが閉じた後に小さな声を聞いたんだよ」
「『あった、あった』と言ってただろ?」
友達は青白い顔で頭をうなずいた。
「それ…な、シロウの声じゃなかった」
数年分の鳥肌が一気にこみあげる感じだった。







2021/12/06 23:40  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.