無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】猫

この恐怖体験をした僕には、猫にいたずらするクセがありました。
猫は注意深い動物なので、人の姿を見るとすぐに逃げてしまうのがどうしても気に入りませんでした。
皆さんは,「猫は自分より低い位置にあることについてはあまり警戒しない」と知っていますか。
壁や車の屋根のような高い位置にいる猫は、実は簡単に近づくことができます。
ひとまずは関係ないところに視線を置き、時々猫のほうを見ながら注意深く近づけば、ほとんどの場合その場で逃げずに待ってくれます。
この時、ちらちら見る理由は僕に敵意がないことを知らせる信号だそうです。
僕はその方法で簡単に猫を捕まえることに成功しました。
それが恐怖体験の始まりになるなんて…。

そいつは近所でよく見える、ふっくら太った白猫でした。
飼い主はいない様で、皆が餌をやっているので、こんなに太ったようでした。
僕はその猫が両側に2、3回ほど僕の股の間をすりすり行き来している時、勢いよく空中に投げ上げました。
もちろん、いくら猫が嫌いでも、床に投げて殺すつもりありませんでした。
宙返りして、近くの家の窓の小さな屋根(軒)の上に着地させるつもりでした。
ところが、その猫は想像以上に運動神経が鈍くて、もたもたして屋根の傾きを転げて、下に落ちてしまいました。
猫は自分の体重を足で支えきれず、顔から床にぶつかり、短く「ギニャ」という痛みを伴う悲鳴を上げました。
猫は、僕の経験上、ある程度では痛がる姿を見せないので、悲鳴を上げたというのは落下の衝撃で脳とか内臓が損傷したのかもしれませんでした。
この時、初めて僕は罪悪感に苦しんでいました。
心配になって、すぐに助けようとしましたが、猫は脅威に思ったのか、逃げてしまいました。
そこまででした。

その後、その猫の姿は全く見えませんでした。
しかし!
そしてかなり歳月が過ぎた頃…。
暑い夏の夜の事でした。
すっかり、その猫の事は忘れて、彼女と二人で扇風機の風を浴びて楽しくテレビを見ていました。
その時です!
突然、
「ニヤ~~アン、ニヤ~~アン、ニヤ~~アン・・・」と
ねっとりと、猫の泣き声が家の外の暗闇から聞こえてきました。
その瞬間、視線を向けると、片側に開いたままの不透明なガラスを越えて、いつの間にか白い影がひらひら揺れていました。
僕は直感的に、あの白い猫であることに気づきました。
今回は蛍光灯がゆっくり暗くなっていくことに気づきました。
彼女はそれを見て慌てていましたが、僕は彼女の向こうに見える窓の白い影から、目を離せれませんでした。
依然として不気味な泣き声が聞こえ続けてきました。
それはますます、
「ニヤ~~アン、ニヤ~~アン、ニヤ~~アン・・・」

猫というよりは、人が猫の真似をしていたずらするような声に変わっていきました。
しかもそんな中、
「キヤ~~オン、エ~~ン、エ~~ン」と、
大人の男が赤ちゃんの泣き真似をするような不気味な声に変わっていきました。
僕も彼女も逃げることすら考えられず、完全に恐怖に怯えて固まってしまいました。
そして突然!

網戸側から、すぐ横たわった人の頭がすーっと現れて、大声で叫んでしまいました。
「ギャーーー!!」
僕たちは途方もない光景に自分の目を疑っいました。
その男の首は、白い猫の脇腹からキノコのようにニョキっと飛び出していたからです。
他にも気持ち悪いでこぼこした何かがいっぱいついていました…。







2021/12/07 23:38  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.