無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怖い話】公園の女の子

僕がまだ学生だった頃の話です。
夕食前に、僕は家の近くにある公園のベンチでタバコを吸っていました。
目の前の砂場で何人かの子供たちが遊んでいて、
反対側のベンチには親だと思われるおばさんたちが座っておしゃべりをしていました。
おばさんが座っているベンチから少し離れたところにすべり台があったけど
その下の方のすべ台が地面に接する鋭角の近くに座っている子供がいました。
体のほとんどが影に入ってよく見えなかったけれど、どうやら女の子のようです。
なぜあんな所に座っているのか?
そう思ったけど、静かに女の子が立ち上がって、影の外に歩いてきました。

砂場を過ぎて、こちらにゆっくりと近づいてきました。
その時、悪寒に背中に沿って上がってくるのを感じました。
近づくほど、その子の姿から変なことを悟りました。
ちょうど秋に入った頃の夕暮れ時、周辺はかなり明るかったのに女の子の体は膝までが影の中にいるように黒く、そこからすねと素足の足が白く伸びていました。
全身がぼやけているというだろうか?
焦点がずれているような感じなので、目を細くして焦点を合わせようとしたが、
すぐに焦点がブレていましました。
見るほど、奇怪でめまいを起こしそうでしたが、目が離せませんでした。


やがて目の前まで来た女の子がこう言いました。
「おじさん。私、もう死んでいます。」
ふと気が付くと、女の子の姿はなく、
それだけでなく公園にいるのは僕一人で、空はいつのまにか暗くなっていました。
どうやら夜になってしまった様で、女の子の言葉を聞いてから時間が経ったにもかかわらず、その間の記憶が欠けていました。
おかしいことに、指に挟んでいたタバコからは、まだタバコの煙が上がっていました。
家に帰ると、玄関の近くで出くわした姉が僕の顔を見ては奇妙な表情をしました。
「鏡を見て」
トイレで鏡を覗いてみると、両頬に黒すすのような小さな手跡がありました。







2021/11/29 23:40  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.