無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】山の話を3つほど

山の話を3つ紹介。

一つ目。
両親の知り合いが登山が趣味だと言っていた人に聞いた話です。
その男はマニアで、登山道のないところを開拓する通称「ルートファインディング」が趣味の人。
彼が言うに、奥地に行くと時々崖を人が途方もない速度で上がっていくのが見えるという。
当然、決してそれはこの世の人間ではない。

二つ目。
自信は大学で「반더포겔部」に入った。
部の先輩が雪山に入り、避難小屋でテントを打った深夜。
吹雪にもかかわらず、外からアイゼン(登山靴につける雪の鉄製の爪)を分離する音がしたという。
しかし、誰も入ってこない。
深夜の吹雪の中でアイゼンに触る人がいるはずがない。ましてや入ってこないのはもっと奇妙だ。
先輩の言葉では、遭難者の魂がさまよっているのだという。

三つ目。
僕が社会人になってから、暇だった社会人山岳会に少し参加した。
その会で遭難した後に怖くなって以来、山岳はやめた。
遭難とは会津の吾妻連峰山スキーに入った時。
天気が良くなるという天気予報を信じて入山したが、全く良くならず吹雪が続いた。
登山をやめてたらよかったのに…
奥深く入った僕たち3人の集まりは、見事にホワイトアウト(吹雪に目の前が白く)にあって迷子になり、気づいた時はすでに日没直前だった上にそのまま夜になった。
樹林帯を突破しなければ凍ってしまうかもしれなかったので夜間強行を実施し、かなり遅くまで迷った。
余談だが、人間は極限の状況になると、幻覚が見えるようになる。
僕の場合、木を見越して「家」が見えてかなり混乱した記憶があります。
「あ、家だ」と思って近づくと森…。これはかなり不愉快な経験です。
前を歩いたメンバーは怒っていて、後ろのメンバーは言うのが時間が経つにつれて文脈を失っていった。
本当に何とも言えない記憶。

その後、山小屋を発見した僕たちは命拾いしたが、
晴れた次の日、自衛隊が捜索して出動してきた。
昨日の天気のせいで僕たち以外の相当数が雪山に閉じ込められていたようだ。
山小屋おじさんによると、小屋に向かって行った人々の中に「来なかった」という人がいるという。
その人のことがどうかは確かではないが、朝遅くに小屋に行く道の真ん中に山スキーが片方だけ発見されたと連絡が入ってきたという。
深夜に山スキー以外に移動手段がないのに、それを置いていくなんてありえない。しかも片方だけなんて。
命がかかったスキーは絶対に置いて行くことができるものではない。

おそらくこのスキーの所有者は、最後に何かを見たんだと思います。
そんなことが起きても、全くおかしくないのだから。










2021/11/28 23:57  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.