無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怖い話】小さなおじさん

学生時代に友達の家に遊びに行った時の話。
その友達は人を家に入れないと少し有名だったが、やっと初潜入に成功。
男の一人暮らしにしては綺麗に整えられていて、特に家を見せてくれない理由はないようだった。
ところが、さっきからきょろきょろしている友達。
時々「あ」とか、「おお」とつぶやいていた。
気になって聞いてみると、突然「うわっ」と目を大きく開いて叫んだ。
「どうした」と聞くと「それが…この部屋には、小さなおじさんが住んでいるんだ」という。
普段はそんなとりとめのない事を言う奴ではなかったので詳しく尋ねると、
それは手のひらより少し大きく、ランニングシャツにバーコード頭の”おじさん”とだという。
特に何かをするわけではないが、ずっと無視すればうねるので見てあげているんだという。
初めて聞く話の種類の話でしたが、「すねる」というのがなんだか可愛い感じだったので、
「そんなペットのようなおじさんなら俺も見たいな」と言うと、
友達は「あーーーー」としばらく時間をおいては
「時々、手と口が血で真っ赤に塗られて出てきたりもする。初めて見た時は本当にビビったんだから。今は慣れたけど」と付け加えた。

友達が驚くのが面白かったのか、小さなおじさんは時々そんな姿で出てくるのだという。
驚いてあげると本当に嬉しい顔をするので、最近はびっくりしたふりをしてあげていると奴は言った。
半年ほど過ぎて、友達から
「引っ越すことにした。小さなおじさんを見たいなら部屋は空いるぞ」との連絡が。
もちろん、そこに引っ越すつもりは全くなかったけど。
奴が引っ越した理由になんだか関心が湧いたので、話だけでも聞きたかった。
電話をして、その趣旨を伝えると、以前は普通に話したのになんだか嫌がっていた。
交渉した結果、ご飯をおごるから話をしてもらうことで取引をした。

そして、ファミリーレストラン。
向かい側に座った友達は、僕がおごるご飯を食べている。
最近は、知り合いの人の家を渡り歩いて部屋に戻ってないという。
「何があったの?」と尋ねた。
友達はご飯を全部食べて「実は…」と話し始めた。
その小さなおじさんの驚かせを誤って無視したという。
あっ!という思いおじさんを見ると、それは傷ついた表情をしていたという。
「それで、怒ったんだ」
その時から奴とおじさんの無言の戦いが始まった。
友達が無視して、おじさんはいろいろな手段で驚かせてきた。
すごい勢いで突進してきたり、怪声を上げて
寝て起きる目の前に立っていたことも、1、2回ではないという。

「叫んだ時は少し感動したから。ああ、声を出すことができるんだな。その他には何か卑怯なことだけしてくるんだ。本当に寝て起きたときに驚かされるのは腹が立つんだから」
どうやらこの静かな戦いは、友達の優勢で進んでいた。
「その日は、レポートを書いていたんだけど…」
PCモニターを睨んでいる奴の目の前に、血まみれの小さなおじさんが現れた。
奴は「またそれですか?」程度に受け入れ、次に備えるためにその行動を一つ一つ観察していた。
ピョンピョンと、それは面白い歩き方しているだった。
目の前に座り込んで、おじさんは宿敵を見上げた。
友達も負けまいと、同じように睨んでいた。
それで気づいた。
おじさんは丸い何かを抱いていた。

それは卓球ボール程度の大きさで、やはり血まみれだった。
今日の武器は、それかと友達はそれを見た。じっと見つめた。
それは目を開いた。
「僕の…頭だった」
小さな自分の頭と目が会ったとき、男はついに心から悲鳴を上げました。
「そして、小さなおじさんは嬉しそうに消えていった。本当に嬉しそうに笑っていた。おじさんが消えて、僕の頭も一緒に消えるとき、僕は僕の頭がちゃんとあるか、何度も確認したんだから
それは本当に怖かった。ああ、完敗だった」

その時、叫んだ悲鳴と一緒に心の中から悔しい表情で友達は言った。
「まさか、悔しくて引っ越すのか?」と聞くと、まさに「当然だろう」と答えた。
「でも、今回また驚くの忘れたら、それ以上に怖いものをするんじゃなかと…健康に悪いじゃないか」
それもそうだな…と相槌しては、奴の独白を聞き終えた。







2021/11/27 23:45  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.