無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】事故後の事件

会社の部下の話なので書いてもいいか迷いましたが
あまりにも奇怪千万の話なのでここに書くことにしました。

私は工場で働いているが、最近その工場の大きな事故に部下が巻き込まれました。
詳しくは書けませんが、右腕が肩から切断され、右足にもつながって回復が不可能で切断するよう強要されるほどの大きな事故でした。
彼は意識不明で、救急車で病院に運ばれた時もかなり危ない状態だったが、
処置のおかげで命は助かったが、まだ意識は戻ってこない。

私は責任者なので、その日は彼のそばに付き添って、病院で夜を明かすことになりました。
まだ面会謝絶だったので、部屋の外で待機して上層部との連絡に追われていた私もかなりの疲れのせいか、いつの間にか部屋の外のベンチで眠ってしまいました。
真夜中に人の声で目が覚めた。
時計は3時を指していたのを覚えています。
その声は昏睡状態の部下のある部屋で聞こえるようで、扉を開けて覗くと、
なんと、彼が起きてベッドに座っているのです。

それですぐに部屋に入って話しかけようと思いましたが、なんだか姿がおかしかったです。
彼がベッドの上に座ったまま誰もいない空間に向かって、何かを何度も言っていました。
最初は携帯電話だと思いましたが、そんなものは持っておらず、持っているはずもありませんでした。
内容がわかりにくくて少しドアを開けて聞くと、その異常な状況をはっきりと知ることができました。

「はい…はい、そうです。」
「ここで前を引き裂けばいいのですか・・・はい」
「はい、たくさん成長しました。腕の上がまだ。」
「足も2ヶ月たったら、でてきますか。ありがとうございます。」
このような内容を彼は微動だにせず部屋の上を見ながら話し続けていました。
普通は意識が戻ったと喜ばなければならない瞬間だが、
その信じられないほど異常な状況に、まったく動くことができませんでした。
そして次の瞬間、
「はい…はい、ちょっと待ってください。今誰かを見つめる奴がいる」と言いました。
背骨が凍った。まさか私を言っているのか?
普段なら私を「奴」と絶対に呼ぶわけがありません。
しかもそう言っている間でも、彼はまったく動かなかった。

私は慎重に彼の名前を呼んでみました。
すると突然、彼が言うのを止めて沈黙が流れたと思ったけれど、
突然「おい!」と頭も回さずに言いました。
私はその場から逃げていました。
怖くて何も考えられませんでしたが、とりあえず宿直看護師に行って、これまでのことをすべて話しました。
しかし、当然信じてくれなかったし、とにかく意識が戻ったなら病室に行こうと言いました。
病室に戻ると、彼はベッドに横たわっていた。
看護師が大体チェックした後、私に一言。
「意識は戻っていません」
「そんなはずは…さっきまで起きて話もしていたんですよ」
と言っても全く信じてくれませんでした。
現在、彼は意識が戻って退院した。
しかし、その夜に言ったことを覚えていません。








2021/11/24 23:45  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2021 AISE,Inc. All Rights Reserved.