無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怪談話】影

私が出会ったのは人の影だった。
これは私が小学校の低学年時代の話。
私は下校中に黒い影を見つけた。
私が通う小学校は「東宮神社」を過ぎて、広がった田舎の田んぼ道の途中にあり、その時は稲刈りが終わった秋の日だった。
夕日が景色を赤く染める中、私は一人で帰っていた。
実は友達と下校する予定だったが、先生に呼ばれて残っていたのでみんなと一緒に行けなかった。

誰もいない曲がりくねった田んぼ道を歩いてみると、ふと誰かの気配を感じた。
「◯◯ちゃん!?」
私は友人が待ってくれたと思ってその友人の名前を呼んだ。
しかし返答はなかった。
気分のせいかと思います。再び歩き出した。だが、やはり人が近い感じがあった。
「◯◯ちゃん!そこにいる??」
私はまた友人の名前を呼んだ。しかしやはり返答はない。
私は周りを見回した。もちろん友達は見えなかった。
代わりに他のものを発見した。
影だった。

それも単純な影ではなかった。
人がいないのだ。影だけが見えて、私が来た道にいたのだ。
これは世のものではなかった。
直感でそう思いました。
私が怯えていると、その影は私を追うように近づいてきた。
私の小さな心臓は飛び出したように走った。
幼い頃だったが、これまでの人生経験と生まれた感覚がすべて警告していた。
逃げろ!

私は走った。しかし、その影も私の足を追うように近づいてきた。
その影は速くて、私が一歩いていくと二歩を追ってくるように近づいてきた。
気づいたら影はすぐ後ろまで来ていた。
逃げられない!
そう思うやいなや、影に捕まった。
その影は私に触れては消えてしまった。
いいえ、影が消えたのではなく、周囲のすべての世界が消えたように感じた。
意識はずっとあったと覚えているが、気が付いたら私は東宮神社にいた。
その影から脱出してどうやってここまで来たのだろう?
まったく思い出せなかった。
空を見ると、太陽は完全に沈んで私は家に走った。
家に帰って玄関を開けると「どこにおったの?」という母に泣いて抱き着いた。
どうやら私は一週間ほど行方不明になっていたようだ。
それから30年ほど経ったが、その影は何だったのかはまだ分からない。







2021/11/23 23:55  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.