無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怖い話】恨んでいるかも

私と亡くなったおばあちゃんの話です。
おばあちゃんは軽い糖尿病でした。
家でインスリン注射をして、足の調子が良くなくて歩きにくかったので食事の準備も私がやっていました。
幼い頃から共働きだった両親は夕方まで戻ってこなかったので、物心ついた時からおばあちゃんに世話をしてもらっていた。
小学生の頃、両親に怒られて泣きながらおばあちゃんの部屋で寝たりもしていました。
優しいおばあちゃんがとても好きでした。

そんなおばあちゃんの介護は私がやる!そう思って、時々家族と叔母さんの助けを借りながらも毎日頑張りました。
しかし、そんな日常の中で少しずつストレスもたまって、自分勝手にいうおばあちゃんに怒りを我慢するなど、歳月が流れながらおばあちゃんに薄情に接したと思います。
そんなおばあちゃんが亡くなった夜です。
病院から帰ってきたおばあちゃんの死体はおばあちゃんの部屋に寝かされました。
私は母の隣に布団をしいて、携帯電話に触っていました。
するとガラスの扉を叩く音がした。

私の家はお風呂に行くためにはおばあちゃんの部屋の横を通らないとならず、
私がなかなかお風呂に入らないと、おばあちゃんが寝室のガラス扉を叩いて早く入るように煽ったりしました。
まさにその音でした。
ガラスのドアを見ても、もちろんおばあちゃんの影はなく、廊下を歩く足音も聞こえませんでした。
しかし、それは明らかに、いつものおばあちゃんが叩くその音でした。
私は怖がって母親にしがみついた。すると母もその音で目覚めたようで、ガラスの扉を叩く音を聞いたようです。
「風だよ。寝よう」
そんな言葉を聞いて、無理やり目を閉じて眠りにつきました。
葬儀などいろいろなことが終わったある日、初めておばあちゃんが夢に出ました。
親戚の数人からおばあちゃんが夢に出てきたという話を聞きましたが、私の夢にもいよいよ!
夢の中でそう思いました。
1階に親戚が集まって賑わう中、私は2階の窓から庭園を見ていました。

そこにおばあちゃんがいました。
私はなぜか隠れて見ていました。
親戚がおばあちゃんを発見して楽しく話す声が聞こえ、私は2階の窓からそれを見下ろしていました。
ところが、突然おばあちゃんがこちらを振り返りました。
びくっとしました。
こちらを眺めるおばあちゃんの目は、真っ黒いの影があるだけで、そこに目がありませんでした。
しかし、睨んでいるのを感じました。
とても怖くて激しく心臓がなっています。
おばあちゃんは私を恨んでいるかもしれません。
死ぬ直前、私が面倒に思っていたことをおばあちゃんは知っていたでしょう。








2021/11/23 23:48  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.