無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】セミナーに行くよ

これは私が幼稚園年長クラス(?)から小学校の低学年の頃に経験した話です。
幼稚園年長(おそらく)時代のある夜、母に起こされて、服を着替えて車に乗った。
車は見たこともない暗い路地を通り、どこかに向かって行った。
小さな声で「どこへ行くの?」と聞くと、母は「セミナーに行くよ」とつぶやいた。
しばらく走った後、そこに着いた。
建物の玄関には、薄くてぼやけた光を放つランプが置かれており、中には光の一つはなかった。
幼い私はなぜか恐怖を感じた。

私はそこでいくつかの奇妙な経験をしました。
そこではまず両親と別れて、暗室で他の何人かの子供たちと一緒に映像を見た。
目がひとつの女性の顔が飛んでいて、ただ回転するブルースクリーンだったり、動物の顔に人間の体である人が歩いている…そんな感じの映像だったと記憶している。
私も他の子どもたちも怖がったのか、騒がず静かに見ていた。

映像を見た後、他の部屋でメダルをもらったり、カラーリングのようなことをしたりもした。
それが終わった後、両親は部屋に迎えに来て帰りました。
結局私にある事件が起きた日まで、1年ほどそこに通っていた。
深夜に車に乗ってどこかに出るという楽しさもあり、帰り道にコンビニでお菓子を買ってくれたので、かなり満ちたりた気持ちで通ったと覚えている。
その日、いつものようにセミナーに行きました。
暗室で映像を見ている時、わけもなくトイレに行きたくなり、部屋の外に出た。
しかし、いつも使っていたトイレが使用中止だった。
それで上階のトイレに行ったのですが、初めて来た階だったので帰る道を失ってしまった。

なんとか誰か大人に聞いてみればいいと思って、適当に歩いたら踊場に出た。
4階につながる階段には進入禁止の札がかかっていた。
2階に階段を降りると、おそらくもともとあったところに戻れたはずだが、
なぜかその時は上階に行きたくて少しワクワクしながら進入禁止の札を通り過ぎて上がった。
4階には廊下のあちこちに古いシャッターがあるだけで、何もなかった。
がっかりして悔しいと思って行こうとしたが、シャッターの横に別の階段があるのを発見した。
階段には再び侵入禁止の札がかかっていたし、電灯もまったく点灯していなかった。
私は今回も、札を通り過ぎて階段を上りました。

5階にもやはり明るくなく、暗い。
廊下は4階のように日付ではなくドアがたくさんあり、すべて閉まっていた。
なんだか不安になったが、とにかく行き止まりまで行ってみようと前に進んだがなかなか行き止まりの道までは行かなかった。
もう帰らなければならないかと、考え始めたころにやっと行き止まったところまで到着した。
そこには扉が一つあって、鍵もかかってなく半分開いていたうえに、光が漏れていた。
きっと誰かが大人がいるだろうと、もともといたところまで連れて行くと思って、半分開いている扉で中を覗いた。
奥には男が何人かのテーブルを囲んで何か真剣に議論していた。
照明はテーブルに一つあった。暗くて顔が見えなかった。
なんだか話かけるのを躊躇し、しばらく部屋を覗いていた。

決心して話しかけようとした時、議論していた男の一人が突然こちらを見て「何してる!」と叫んだ。
私は驚いて何も言わずにそのまま立っていたが、男は立ち上がってドアを開けた。
そして幼い私を見て安心したのか優しい表情で「どうしたの?」道に迷った?」と尋ねた。
私は「はい、トイレに行って迷子になって、大人を探していました・・・」と言うろ、その人が他の人に「ねえ、この子を下に連れて行ってくれ」と言ってドアを閉めた。
その男は結構若かったと思う。
おそらくおじさんではなかった。
それで男と二人で廊下を歩いていくと、廊下に自動販売機が複数台の並んで立っているところに出た。
男は「ジュースを飲む?」と言った。
私が飲むと、男はお金くれながら「欲しいものを買いな」と言った。
その自動販売機で販売されるジュースは何だったのか、どこでも見たことのないものだった。
不思議に思いながらも適当に選んで買った。
買った後にも見たことのないジュースだけだったので、せっかくだから他のものも見ようとして、自動販売機を見ていたら、ちょうど別の所にドアがあった。

何も考えずにハンドルに手を伸ばして・・・
[カチャ - カチャ- ]
その瞬間、ハンドルが激しく回り始めた。
びっくりして手を離しました。
声に気付いた男が凄い勢いで走ってきた。
「開けないで!」
そのまま男は私の手を引っ張って暗い廊下を歩いた。
後ろではまだまだハンドルがぐるぐる回っていた。
自動販売機からかなり離れたところで、男はついに私の手を離しました。
そこはドアがたくさんあるところだった。
すぐに階段があるところだ・・・安心する私。
しかし、次の瞬間、「カチャカチャ」、後ろの取っ手が途方もない勢いで回り始めた。
また、そこに共鳴するかのように右のドアノブも左のドアノブも「カチャカチャ」と回り始めた。
男は再び強く私の手を引いて歩き始めた。
小さな声で「どうしたの?」と聞くと男は「うるさい!何もない!」と叫んだ。
しかし、ドアノブが回る音はますます大きくなり、
右の門も左の門も後ろの門も [カチャ - カチャ - カチャ - カチャ - カチャ]
その日はいつもより早く帰ってきた。
そしてその日以降、二度とセミナーに行けなかった。
その時、ドアの向こうには何があったのだろうか。







2021/11/23 23:44  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.