無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怖い話】倉庫おばさん

母の話。

母は幼い頃「倉庫おばさん」というものを怖がっていた。
これは、母自身も鮮明に覚えていて、母の兄たちも知っていることだった。
大人になってから恐怖感は忘れてしまったが、伯父さんも親戚が集まった時、「お前、倉庫おばさんが怖いと言ったことがあったな~」と母に言ったりもした。
まあ、母の実家は古い農家なので、昔の倉庫を改造して倉庫に使ったりする、古くてごちゃごちゃした家だったので、幼い頃の母も怖かったのだろう、程度みんな考えてた。

ところが、最近になって母親が倉庫のおばさんの正体を思い出した。
きっかけは母の母・・・つまり、私の祖母が脳血管疾患の後遺症で認知症症状を見せたことだった。
アルツハイマー型の認知症は症状が違うというが、誰かが世話をしなければならないという点では同じだったので、母も介護を手伝うためにたまに訪ねていた。

おばあちゃんは自分が産んで育てた子どもたちの顔も覚えておらず、特に女性がおじいちゃんに近づくと機嫌が悪かったという。
もちろん母も例外ではない。
おじいちゃんに近づく母親に、おばあちゃんは睨みつけるような表情で見つめ、母は倉庫おばさんの正体を思い出した。

倉庫おばさんということは、おばあちゃんが母にしか見せなかった顔だった。
おばあちゃんは三番目に生まれた子供である私の母をあまり大切に考えておらず、おじいちゃんや他の親戚の前では可愛くがるふりをしていたが、母と二人でいたときは服の中に隠れる部分をひねった。
そうして、つねって来た場所が倉庫だったという。
まだ幼い頃の母親は、人々の前でニコニコ自身をかわいがる母親と、誰もいない倉庫でつねったり引っ掻いたり、痛い事を繰り返してくる自分の母親を、無意識に全く違う人だと思っていたようだ。 。
つまり、自分をつねったり引っ搔いたり暴言を吐く母ではなく、倉庫のおばさんだと信じてしまったのだ。
最近、認知症が進んだおばあちゃんは、自分の夫であるおじいちゃんも記憶がもうろうとしてはっきりしないようだった。
おじいちゃんの腕には、昔母からされたのと同じような、つねられた痕跡がたくさんあるという。








2021/11/21 23:55  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.