無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】紙人形

これは私が小学校5、6年生だった時の話です。
実話かどうかを確認する方法がありませんが…

その当時ポケビックリマンチョコが流行して、たびたびステッカー交換をする友人の一人がO君でした。

O君はゲーム機をたくさん持っていて、PCエンジンからツインファミコンまでものすごく多くのゲームパックを持っていて、遊ぶ時は通常O君の家に集まりました。
O君の家はおばあちゃんと父親の3人家族でしたが、おばあちゃんはいつも家にいたことを覚えています。

ある日、いつものようにO君の家に遊びに行きましたが、普段はいつも数人が集まっていた、その場所にその日は誰もいませんでした。
いつもいるやつがいないことになんだか変な感じはしたけれど、
「こういち(当時の僕の親友)は来なかった?」
と聞くと、
「うん、まだ来てない、後で来るって」と言ったので中で待つことにしました。
その当時、O君はファミコンくにお軍にハマっていたので、その日もそのゲームをしていました。

くにお軍は、うまくなかったので、一番強いりゅういち、りゅうじを使っていたと思います。
それでもすぐに死んでしまうので、その後はずっと待ってるだけしかありませんでした。
そして1時間ほど遊んだけれど、こういちは来ませんでした。
相変わらず、すぐに死んでしまって、そして待つだけです。
こういちとOくんはよく話したいけど、僕とはあまり話をしなかったので、こういう時は居心地が悪いです。
退屈で、退屈で、こういち早く来ないかな~と思いながら普段見ようともしなかったO君の部屋を見回したりしました。
そんな時、昔からいつも見えたが、気にしてなかったジャッキー・チェンのポスターが気になりました。
粘着テープで貼られていたので、四隅が壁についていました。
粘着テープは机の上にあったので、貼り直しても構わないと思っては、角のテープをはがすと、hりあひらと重力によってスターが落ちました。

その瞬間、僕は凍りついた。
なんと、そこにはお札がついていました。
それも大きくオレンジ色で、どう見てもお札だという感じなので僕はぞっとしました。
しかし、O君は動揺しなかった。
「あ、落ちたの、また貼っておいて」と全く心配しないことを見て、さらに不気味に思いました。
それでも何か言わなければならないと思い、ポスターを付けて「これは本物?」と聞きました。
「あ、おそらく」と、つれない返事が戻ってきました。
僕は震える手でポスターを貼り直しました。
これと同時だったでしょうか。 O君もファミコンに飽きたのか、「フー」と息を吐きました。
ところが、突然「面白いものを見せてあげようか?」とO君が言うのです。
僕も会話に困っていたので「うん」と答えました。
するとO君は別の部屋に行きました。 (O君の部屋は、離れのように独立していました)
そしてすぐに、20センチメートルほどの箱を持って戻ってきました。
「これ見て」と言いながら、O君は箱を開けました。
中にはまたまた怖いものが入っていました。
人間の形というか、紙で作った人形でした。
「な、何これ?」
震える声で聞いた。
「よく分からない。でも、僕の代わりにという形だ」とO君は言いました。

僕はもう家に帰りたかったです。しかし、O君は続いて言いました。
「それで、僕は18歳できっと死ぬんだって」
そう言いました。
僕はパニックになりました。
でもあまりにも淡々と言うO君を見て、帰りたくてもそんな言葉を言い出せず、
「なぜ?」と心にもない質問をするのが精一杯でした。
「お母さんが迎えに来るんだって…」
もう、僕はは何がなんなのか全く分からないくらい頭の中がめちゃくちゃでした。
「え~」、「そうなんだ」とやはり心にもない答えしかできませんでした。
O君は続けました。

「僕が5歳の時に両親が離婚したんだ。離婚した理由は確か母親の病気のせいだったと思う。 (今考えたら精神病だと思う)
お母さんがよく乱暴になったのを覚えていて、何でも壊してしまうんだ。
だから僕は、お父さんとお祖母ちゃんとここに住むことになったんだ。
そしてその半年後、お義母さんは死んだ…
そして、なぜか分からなくても、毎年お祓いを受けることになったんだ。
始まりはどうなったのか分からなかったが、お父さんの箪笥で偶然手紙を見つけた後、その理由が明らかになった。
母の手紙だったけど、
『Oが18歳になれば迎えに行きます』と書いてあったから、きっとお母さんが迎えにくるんだと思う。
そうならないように、お父さんは僕の犠牲になる人形を毎年もらいに行くんだ…」

僕はもう何も言いませんでしたた。ただ帰りたいと言う気持ちだけでした。
するとその時「O君~」と外から叫ぶ声がしました。
こういちでした。
以来、O君の家に行くのが嫌になりました。
なんかその時の不気味さがトラウマになってしまったからでした。
そしてO君との仲も遠ざかりました。
中学校は別の中学校に行ったので、O君のことは全く忘れていました。
今年に入って、こういちから連絡がありました。中学校を卒業した後でした。
昔の頃の話に花が咲いていると、ふとO君について思い出しました。
だから聞いてみました。
「ところで、O君とは今も仲良くしてる?」と聞くと、こういちの声トーンが急に下がって、
「え、うん、Oは…植物人間状態なんだ…」
理由を尋ねると、高校3年生の時に突然倒れたそうです。
O君が突然こうなったのは偶然かもしれません。
ただ。O君の意識が戻るのを待つしかありません。

これが、僕の覚えている話です。
本当のことと、記憶が古いせいで曖昧な部分もありますが、
今でもあの橙色のお札と鳥肌ものの紙人形の形だけは鮮明に覚えています。







2021/11/20 23:40  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.