無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怖い話】神の道

ずっと前のことですが、私は当時は高校生で、
母と犬と一緒に車で近くに買い物に出かけました。
帰り道に犬が鳴いて、少し散歩させようと車を止めました。
ふと近くを見ると、街を代表するような神社がありました。
周りは普通の住宅街で、母は子犬を連れて散歩すると言うので、私は神社を見に来ることにしました。
神社はさわやかで、雰囲気も静かで暖かい感じに加え、掃除もキレイにされていました。
事務所もなく、参拝客も私以外にはいませんでした。

二十段にもならないほどの石階段を登ると、石階段の一番上に小さな紙が落ちていました。
何だろうと拾ってみると、そこには印刷された短い祝辞が書かれていました。
簡単な短い祝辞なので覚えやすくて気に入り、その紙を持ちかえりたくなりました。
落ちていたものだから大丈夫かな…とも思いましたが、持って帰るのは泥棒じゃないかという気がして、紙をしばらく眺めて祝辞を覚えた後、賽銭箱の横に置いておきました。
参拝を終えた後、神社の建物が見たくて、神殿の横に回りました。

拝殿と本殿の間は廊下でつながっていて、その廊下に近づくと本殿がよく見えました。
人もいなくてゆっくり見ることができ、あーこんなふうになってるだな、と楽しく見ていました。
そしてふと廊下の向かいを見たとき、
なにか…その廊下を横切って向かいに行かなければならないという気がしました。
本人もなぜそうしたのか分からなかったけど、
とにかくこの廊下の手すりを這い上がって廊下を横断しなければならないと、どうしてもそうしないといけないという考えにとらわれていました。
しかし、廊下は神が通う道。横断するというのは悪いことではないのか。
そんな思いをしながらも、私はいつのまにか手すりに手を当てていました。
妙に頭がぼんやりして周囲の音が聞こえません。

「そう、ここには誰もいないし、周りは森だからしか見えない。
ここを渡って手すりを登るなら、正面から本殿が見えるだろう。
なかなか見ることができるわけではない。神と同じ視点で見ることができる…」
となんだか心の中で強く確信しながら、私は手すりに足をかけて這い上がって廊下に立っていました。
その瞬間、母が神社の外から呼ぶ音が聞こえた。

私ははっと気が付きました
神社の廊下に立っている私。
外では母が、姿が見えない私を心配して何度も呼んでいました。
私は、突然怖くなりました。
母にちょっと待ってと答えて、ちょっと本殿側を見てから、私が来た道とは反対側の手すりを越えて廊下を横断しました。
こうなったら、むしろ横断してやると、負け気がでたからです。
神社の後ろ側に出ると、母が入り口で心配して待っていました。
犬は母親とは対照的にゆったりと座って待っていました。
気になって振り返ってみると、賽銭箱の横に置いておいた祝辞が書かれた紙はなぜか最初の石段の方に戻っていました。
何が何なのかよく分からないまま一ヶ月くらい後のことです。
再びその神社の前を通り過ぎる時、ちょうど祭りをしていました。
前回のこともあったので、少し気になって神社に立ち寄りました。
焚き火を燃やしているので、参拝後に近く行ったところ、隣にいたおじいさん達が話しかけてきました。

おじいさんが地元で長く住んでいる人だからと言って、
「怒られることですが」と話して謝罪した後、おじいさんに前回あった廊下について話しました。
するとおじいさんは「久しぶりにそんな話を聞いたな~」と言いました。
とにかく、ここの神がいたずらが好きで、
昔は時々人を引き寄せて新木に乗せておいて、神楽の舞台に載せたりしたりします。


「君はは真面目に見えるから、神様にからかわれたんだ」とおじいさんは笑いました。
帰る前に以前に覚えておいた祝辞を詠んで、おじいさんたちから餅をもらって帰りました。








2021/11/18 23:40  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.