無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】強制回収

父の友人で元銀行員、今は故人だが、名前は藤木とします。
この話は、藤木さんが銀行員になってから3年ほどの頃の話です。
その年の前年に有名な大企業証券会社が破産し、その時から金融機関の破産が相次いでいたそうです。
不況の波が藤木さんが働いていた銀行に押し寄せてきました。

経営が難しくなった銀行がやる事とは、貸し渋りと貸出金強制回収です。
資金の強制回収のような気分の悪いことは、藤木さんのような若い行員にさせていたそうです。
その年の夏。
藤木さんに、地域のある自営業の魚屋に強制回収するように命じられました。
そのお店の主人、とりあえず玉さんといいますが、彼は近所でもとても評判が良かったようです。
店の前ではいつも威勢が良くて「毎回ありがとうございます。 5000万ウォンのお金です!」と言っています。

年齢は40前後でまだ十分に健康でした。
しかし、やはり藤木さんが強制回収の話をした時だけは顔が強張り、視線も虚空を彷徨っていたそうです。
最後に玉さんは「若いのにそんな話、大変だったんだろうに」と話してくれました。
また、「上司に変な命令をされたら、肩を引っ張って倒すほどの肝っ玉を据えろ」と言ってくれました。
それで、藤木さんが強制回収の話をしてから3日後、
玉さんは、自室の窓とドアを粘着テープで密閉し、練炭自殺をしました。
藤木さんは銀行の代表で、玉さんの葬儀に訪れましたが、遺族に追われるようになりました。

「何に来たのか。この殺人者!」
と罵って、いきなり突き飛ばされたそうです。
藤木さんは雨の中で傘も使わず泣きながら歩いて銀行に戻りました。
銀行に戻って、上司に報告すると、一言「そう、わかった」とだけ言ったそうです。
藤木さんと上司が頭を下げ、なんとかお焼香をしたのは葬儀から20日が過ぎた時でした。
遺族の方々の目は冷たかったのですが、畳の部屋に上がり、仏壇の前で手を合わせました。
帰り道、藤木さんが運転する車の中で上司が変なことを言ったそうです。
「手を集めている時だけど。誰かが右肩をつかんだという感じだした。何か気分が悪くて、ほとんど集中できなかった」
上司は若かった頃に強制回収を専担していた人なので、かなりふと神経の持ち主だそうです。
そんな上司が不安な顔をしたのは初めてでした。

それから2週間が過ぎ、上司が練炭自殺をしたという。
その日はまさに玉さんの49日でした。
藤木さんは直感的に「玉さんが連れて行ったのかな?」と思ったが、
不思議と自分は心配ないだろうと感じたそうです。
そんなことがあったからではないが、やはり似たような気になることが続いて、
ついに体調を崩した藤木さんは銀行を退職しました。
それでしばらくフリーターで過ごしたが、結局新聞社に勤務することなりました。

さて、ここまでが藤木さんから聞いた話ですが、藤木さん、昨冬に自殺しました。
練炭ではありませんでしたが。
遺書には「複数の会社と商店の息の根を止めることをした結果だ」というのが書かれていたと、遺族から聞きました。
玉さんに謝罪に行ったのでしょうか。








2021/11/16 23:40  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.