無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怖い話ー怪談】山中のアルバイト

高校時代、僕は山のお土産屋でアルバイトしていた。
そのお土産屋はこの地域で有名な山の渓谷にあった。

春にはハイキング、夏には避暑地、秋には紅葉狩りなどで、冬以外は観光客で混雑する場所だ。
僕がアルバしていたのは、その中でも奥まった場所に
常連客と多少の新しい客で運営されていた所だった。

とても気持ちよく快適な良いバイトでしたが、アルバのルールには少し珍しいものがありました。

「髪を染めないでください」
「大声で挨拶をする」

そしてこんなことがあった。
「山で手を振っている人を見ても、見つめてはいけない」
社長にこのことについて尋ねたが、
「おかしいか?詳しくは知らなくても大丈夫です。それを見ても見つめてはいけない。見ても見てないふり!気づかなかったふりをするんだよ」

そう言って詳細は教えてくれなかった。
そして3ヶ月ほど経った頃。
僕が閉店準備をしていた時だった。
視界の隅に人の形をあるはたはたするは、布のようなものが山の中腹に見えた。
それは人間型の鯉のように風になびいている様だった。

最初は「お?」と思った。
その日は風がまったく吹いてなかったからだ。
少し変に考えながら閉店準備進めた。
また、視界の隅にその何かが見えていた。


僕は今回も「お?」と思った。
その人の形をした何かが大きくなっていたのだ。
今考えると、大きくなっていたというのは勘違いだったかもしれない。
近づいていたというか。
とにかくその存在は遠近感と大きさで表現するのが難しかったが、その存在が大きくなっていた。

その奇妙な存在を感じて、僕はアルバイトの規則が思い浮かびました。
「山で手を振っている人を見ても見つめてはいけない」
これが、それだと思った。

僕は社長が言ったように、できるだけ知らないふりをしながら作業を進めた。
しかし、その人のようなものは徐々に近づいてきた。
次に視界に入った時は川を渡り、次は川のこちら側、そしてお土産屋の階段の下まで。
それと同時に心の警報が大きくなった。
それが何かは分からなかったが、まさに「危険」なことに気づいた。
その人の姿が数十メートルほどまで近づいた時は、僕はもうダメだと思って目を閉じていた。
そのまま僕の意識は消えた。

そして、目を開いたのは社長が起こした時だった。
アルバイトの僕がかなり遅くまで鍵を返してこなかったので見に来たという。
最初は遅くなったことを怒られたが、事情を話すと

「そうか、それを見たのか。もうこの山に来ないのがいいなぁ」と言って麓まで送ってくれた」
その後はアルバイトに行かなくなったが、山中で人のようなものを見ても見つめないようにしている。







2021/10/26 23:45  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2021 AISE,Inc. All Rights Reserved.