無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怖い話ー怪談】離島の交番

ある離島の島の交番に勤めています。
この交番に来る前には、平凡な警察署で働いていました。
田舎に住んでいましたが、僕は不幸だとは思いません。
家と近かったし、三交代の不規則な生活をする必要がなかったからです。
しかし、この交番には問題がありました。

首のない警察の幽霊です。
僕も最初は驚きました。
しかし、その幽霊はそれほど危険な存在だとは感じられませんでした。

僕にも無関心なようで・・・。
それで、たびたび幽霊が現れる生活にも慣れてきました。
しかし、幽霊の正体が気になりました。

それで、僕は住民の集まりがあるたび、それとなく降板の幽霊について調べようとしました。

ところが住民たちはいつも「気にしない方がいい」と話を避け、何も教えてくれませんでした。
そのたびに僕はあまり言いたくないことなのかな…と思い聞かなくなりました
住民との関係が悪くなることを心配したので・・・。
そんなある日、僕はその幽霊に話しかけてしまいました。
「あなた、いい人ですね」と。

特にこの言葉に深い意味はありません。
ただ、いつも現れる幽霊とコミュニケーションをとろうと少しほめただけです。
しかし、僕の言葉を聞いて、幽霊は怖い顔で近づいてきました。
「私の顔が見えるか」と・・・。
そんなに恐ろしい威圧感を受けたのは初めてでした。
僕は怖くて、すぐにその場から逃げました。

そして村長の家に行って、そのことを話しました。
その時、村長は険しい表情で口を閉じていました。
それでも、僕は降板の幽霊について強く聞き返しました。

すると村長は古い封筒を僕に渡しながらこう言いました。
「この封筒の内身を見ると、君は間違いなく死ぬでしょう。そんな覚悟があるなら、見てください。」
僕が封筒を手に持って、中を確認しようとしたその時です。

突然、玄関のドアを誰かが叩く音がしました。
僕は村長と共に玄関まで行ってドアを開けてみましたが、誰もいません。
もしかしたら、あの幽霊なのか?あの幽霊がいるという感じがありましたが・・・でもどこにも姿が見えませんでした。
僕はそう思って、慎重に周りを見回していた時です。

突然僕の背中に寒気がしてきたと思い、
そのままどのくらいの時間が流れたのでしょうか。
意識が戻ったときは、金縛りの状態でした。
そして「見たな、見たな・・・」と、その幽霊が僕に呟いていました。
だから驚いた僕は知らずに心の中に叫んだ。


「一体君は何をしたいのか!僕をどうするつもりだ!」
その時、幽霊はこう答えました。
「一人でいたい。幸せに達するまで考え続けたい」
彼はこのように言葉を残して自分のねぐらに戻ったようでした。その交番へ・・・

そして僕は別の建物を交番の代わりに使っていました。
そんな僕に、村長は交番の幽霊についてこう言ってくれました。

「その巡査は交番に火を使っていて、不注意で火災を起こしてしまった。
火はすぐに消えたが、巡査は大きな火傷をして・・・。
それ以来、その巡査は人を避けるようになりました。
やけどのせいでかなり印象が悪くなったので仕方なかったんでしょう。
しかし、島の人々はそんな巡査は必要ないと排斥し、巡査はみんなの冷たい態度のせいか自殺してしまった。
巡査の奥さんも、その後すぐに島を出ていった。
その封筒には、巡査の顔写真が入っています。
もう何も知らない方が良いでしょう」

僕は今でも、彼がすぐに幸せに到達できることを祈ります。







2021/10/27 23:35  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2021 AISE,Inc. All Rights Reserved.