無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【ホラー】私の髪、きれい?

新築マンションに引っ越しました。
1階の角部屋。立地条件もよく、日照りも良好。完璧です。
引っ越し初日は、助けてくれた友達と酒を飲んで夜を明かりました。

翌日の午後。友人が帰った後シャワーをしました。
友達の中に、タバコを吸う人がいて頭についた臭いが気になりました。
頭は私の自慢です。パーマも染色もしたことのないまっすぐの黒髪。お手入れも欠かさない。
その日もシャンプー、トリートメント、コンディショナーを終えて、さっぱりした気分でバスルームを出ました。

そして、昨日の夜の片づけです。
ぐちゃぐちゃのスナックの袋と空き瓶を処理し、掃除機をかける際、奇妙なことに気づきました。

長い髪がたくさん落ちていました。
私の頭くらいの長さだったが、ヘアスタイルが違いました。
友達の中に、髪の長い女性はいなかったし、引っ越ししたばかりの部屋なのに···?
少し不思議に思ったが、おそらく私の頭との結論を下しました。

今日は、昨日引越しを手伝いに来ることができなかった友達が訪ねてきました。
友達から近くの駅に到着したという電話を受けて、私は駅に行きました。
その友達は霊感が強いことで有名でしたが、髪の毛に対して特に気にしてなくて、ただとりとめのない話をしながらマンションに戻りました。

···?
部屋の床に再び長い髪が落ちていました。まあ、さっき掃除し忘れてしまったのだろう。
急いでゴミ箱に捨てました。


友達は、ほかの地方から訪ねてきたので、当然泊まっていく予定です。
「シャワーちょっと借りるね」
まるで自分の家のように、友達は答えも聞かずにすぐバスルームに入って。シャワーの音が聞こえます。

ところが、突然の蛇口を締める音が聞こえたと思ったら、慌てた友達が浴室から出ました。

「お、お風呂に··· 」
友達は青白い顔で叫びました。とりあえず落ち着かせてから話を聞きました。
「バスルームに髪の長い女性がいた!」

ここでは、新築マンションです。幽霊なんてあるはずがありません。
しかし、そう説明しても友達は帰えると言って聞かなかった。
いずれにせよ、遠くから来たので、こんな時間に戻ることはできません。
「とにかく私はこの部屋にはいれない。私は近くファミリーレストランで夜を明かすから。あなたも何かあったらすぐに電話して」


そう言って友達は出て行ったしましました。
一人残された私。
昼間には髪もあって、不安でした。
「大丈夫。ここ新築」
友達に言った言葉を独り言で繰り返して言って、私はシャワーをしました。

「霊感が強い」といっても思慮に欠くのか。
引っ越した気持ちまで台無ししまうなんて。
心の中で友達の悪口をいって、シャンプーしていると···頭に違和感があります。

頭皮を傷つけないように爪を立てずに指でマッサージをするように···いつも通りの方式です。しかし、おかしいです
····?
私はシャンプーしている手に止めました。
···!
私は頭に載せた両手を恐る恐る目の前に持ってきました。
···!
爪を立てずに指でマッサージをするように···もう一つの手が私の頭を洗っていました。
「誰!?」


振り返ってみると、顔にやけどを負った女性(なのか?)が
私の頭の上に手をのせたまま···
「···美しい···か···み···だなぁ···」
確かに女性の声でした。

シャワーの水音で正気に戻りました。
私はシャンプーの泡を洗い流さずに気絶していたので、髪がかちかちでした。
しかし、そんなことを心配する余裕がありません。
軽く泡を洗い流し、何も持たずアパートを飛び出しました。

公衆電話からの友達の携帯に電話して、ファミリーレストランで合流。
「やはり明日、不動産に聞いてみよう、一緒に行ってあげる」
翌日不動産の聞いた話では、このような感じでした。

アパートが入る前に、そこに一軒の家と花屋があったという。
花屋の娘は長い髪の美人でした。
ところが、その家が火事になったのです。
バスルームのガス炉が爆発したそうです。
ちょうど家にいた娘は顔に大きな火傷をして、自慢の髪もほとんどが真っ黒に焼けてしまいました。
娘は恋人に振られ、家で隠れて暮らしていました。

一握りだけ残った髪を、それはそれは大切にしていたといいます。
シャンプー、トリートメント、コンディショナーを一日に何度も繰り返し。
鏡の前で髪をとかすし
「......私の頭、きれい?」

「......私の頭、きれい?」
何度も母に尋ねたそうです。
ところが、その少しだけ残った髪も精神的な衝撃や過度の手入れで抜け始めてしまいました。
娘はお風呂で手首を切って自殺しました。
母が買ってくれた新しいリンスを一本、一度にすべて使用してから。

「そう、まさにお嬢様のような髪のきれいな娘だった。」
不動産おじさんは、私を懐かしそうに眺めてそう言いました。







2021/10/24 23:50  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2021 AISE,Inc. All Rights Reserved.