無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怖い話ー怪談】新婦

大学時代の友人の中に、すごくお金に運がついている男がいた。
元々、地方の資産家出身だったが、お金に愛される人間というのは、このような人を言うだろうと思った。
宝くじやギャンブルは、だいたい合う方で学生でありながら、株式をしていて、かなり稼いでいた。

あれこれ使いながらも、継続してお金が入ってくるという感じだった。
そんな本人は、とても誠実な人で
そんな風にお金を稼ぐ方法に依存せずに、着実にアルバイトも一生けん目うする人だった。
その友人から少し前に婚約者が、また死亡した連絡があった。

「また」という言葉通り、彼の婚約者が死亡したのは今回が三回目だった。
大学卒業後、地元に帰って家業を継いだ彼は、ビジネス方面で目覚ましい活躍を見せていたが、女性との縁はあまりよくなかった。
名家と言う彼の家に縁談はそれなりにきたが、話がきまると、このように相手が死んでしまう。
「三度目になって、もうお嫁に来ようとする女性はいないだろう。」
電話越しの彼の声が悲しいそうだったが、それほど落ち込んではいないようだった。
僕は学生時代、お酒を飲みながら聞いた彼の言葉を覚えていた。

その話は、彼の子供の頃の話だった。
小学校に上がる前に、家の中で一人で遊んでいた彼は、部屋の隅に見知らぬ少女が立っていることに気付いたという。

お客の子供だろうか?子供心に、彼はそう思い、一緒に遊ぼうと誘ってみたけると、女の子は頷いた。
その日に、彼はその女の子と楽しく遊んだが、日が暮れる頃に少女が
「私を君の花嫁に迎えてくれる?」と尋ねてきた。
「花嫁?」
「うん。私じゃ嫌?私は君が好き」
「僕も好き」
「じゃあ花嫁にして。それなら、私はあなたを一生苦労しないようにしてあげる」

そんな会話だったようだ。彼はぼんやりした記憶だと言っていた。
少女は嬉しそうに笑って、部屋の外に走って行ってしまった。
その夜、家族にその話をしたが、誰もお客は来てなかったとい。

そして次の日から、その家の事業実績が天井知らずに上がったし、自分にも金運がよくなったという。

「私の花嫁は、その時決まってしまったようようだ。他の人と結婚しようとすると怒るのは当然なのかな···。」
嫉妬多く座敷わらしはないかと言いながら、
どうやら彼の花嫁は、風俗店に行くことは許してくれるの様なので、そちらは救われたと笑った。

代を継ぐ後継者の方は、妹夫婦に期待すると言っていた。







2021/10/23 23:45  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2021 AISE,Inc. All Rights Reserved.