無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】藍色の僧衣

まだ僕が小学生の頃の母の話。

母が夢の中で、美しい川沿いを歩いていたという。
そうしていると、母を迎えるきれいな女性が、「よくお越しくださいました~」ととても歓迎してくれた。

その人の神聖な美しさと自身をとりまく幸福感で気を失ったとき、
その人が、母親がつけている青いブローチを見つけると
さっきまでとは全く異なる怖い表情で、
「なぜそのようなものをつけている!それを外して置きなさい!早く外してこちらに送りなさい!」と言った。
母はその奇妙な勢いで怖くなった部分で目が覚めた。

実際は、その夢をみる前に一度目覚めた母は、その前に見ていた恐ろしい夢(内容は覚えてい)で、不安だったという。

そして、その当時訪問していた霊能能力者(?)に受けた、
「僧衣」という藍色のたすきのようなものを魔除けに枕元に置いて寝た。

翌朝、その話をしてくれた母は
「そのブローチは僧衣だったのか。もし枕元に置かなかった場合、私を連れて行っていたのか?」と怖がっていた。
苦しかったと聞いたので、僕も怖くなった。


そして後日談。
その霊能力者は、母親が知り合いに紹介されて会ったという。

今思えば、ただその時、兄が良くない友達と付き合って態度がおかしくなっていて、母は悩んでいたと思う。

僕も母と行ったが、果物やお菓子、そして施主封筒を供養し、20人ほどの信者たちと仏経のようなものを暗記したのを覚えている。

ところが、その夢の事があってからしばらくの間、何かよく事件が起きて、まるで何かに邪魔されるように、その霊能力者に行くことができなかった。

さらに、紹介してくれた人にも連絡がつかなかった。
いよいよ母が時間ができて、訪問したときは、その場に何か尋常ではない雰囲気がいっぱいで、母に向かって、すべての目がどこか空虚だった。

入ろうか躊躇する瞬間、祭壇に捧げている不自然な形の包みを見た母は恐怖を覚えて、そのまま帰って来たという。
見間違いかもしれないし、それが何だったかも、まだわからないが、

包みには赤い斑点があって、それを認識した瞬間、その場所に耐えることができないと感じたらしい。

後日、近所ネットワークでそこを紹介してくれた人が行方不明になったことが分かった。
夫のギャンブルがどんどんひどくなって、借金の催促が来て、家庭内暴力まで始まり、最終的には家を出たんじゃないかと。

おそらく夢の女性は、実は母を守ってくれる存在で、その霊能力者とかかわると、良くないことを教えてくれたんだろうと、今は思っている。
ちなみに兄は、現在普通の会社員で、結婚もした。

母は今は「ご先祖様と守護神を大切にすることで十分である」と言っている。







2021/10/21 23:45  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2021 AISE,Inc. All Rights Reserved.