無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怖い話ー怪談】そのおばあちゃんヤクルトくれるじゃない

それは僕が小学校4年生の時のことです。
当時、僕は朝刊配達をしていました。
その中の一軒、毎朝玄関前を掃除するおばあちゃんがいました。

そのおばあさんは、毎朝僕が「朝刊持ってきました」というと
「ご苦労様」と言いながら、ヤクルトケースから二つの内の一つくれました。
僕はいつのまにかそれを期待していました。

そんなある日、いつものようにおばあちゃんに挨拶したのに、返事がありません。

常に笑顔で挨拶してくれるのに、振り向きもせずに、
静かに玄関前を掃除しています。
なんか変なことだねと思いながら、その日は、残りの配達を終えて帰ってきました。

そして次の日、おばあちゃんの家に到着し挨拶をすると、今日も返事もせずに掃除をしています。
さらに、ポストには、昨日の朝刊と夕刊が入ったままです。
その横のケースにヤクルトが3つあります。
私は黙って飲むことはできずて、その日も帰って行きました。

翌日おばあちゃんの姿はありませんでした。
そして、その次の日も···そして2〜3日経過したが、まだおばあちゃんの姿は見えません。

ポストは、新聞でいっぱいのため、玄関ドアの隙間から、新聞を入れました。ヤクルトもいっぱい積まれていました。

旅行でも行ったのだろうと思って、あまり気ずその日も帰って行きました。
店に戻って新聞所の社長にその話をしたところ、
「ああ、そのおばあちゃんヤクルトくれるじゃない」と言いながら

「そうだったんだ、そのおばあちゃんは一人で住んでる方だけど
なんだか心配だな」と言いました。あとは、
「一旦警察に連絡してみるよ」
そう言っていたので、僕は家に帰って学校に行きました。

その翌日の新聞所に行って配達に出ようとしたら、
社長から「○○くん!あのおばあちゃんの家はもう入れなくてもいい」と言いました。

どうして?と思いながら配達を終えて店に戻ると社長が、

「それが〜あのおばあちゃん亡くなったらしい。今警察が調査しているけど、死後一週間から十日は、過ぎていたようだと言ってたよ」と!


そして、
「配達前に言ったら、怖いかと思って帰ってきたら教えてあげようと思ったけど···おそらく、お前が姿を見た最後の二日はおばあちゃんがお前に自分が死んだことを知らせたかったんだな」

その瞬間に、僕はその話が何を意味するのか分かりませんでした。

そして意味を悟った時、新聞配達をやめたのは言うまでもありません。
それから31年が経った今も、そのおばあちゃんの姿が忘れられません。









2021/10/17 23:55  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.