無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】私は何も食べられなくなってしまった

小学校3年生の2学期に転校生が来て、私の隣の席に座ることになった。
全く話さない子だったが、何を聞いても頭を下げたまま黙っていた。

ところが、ある日の昼食を食べていると、その転校生が突然、
「最近ご飯を食べると気分が悪くなる」と言った。

「うん」とだけ、言ってたらよかったのに、私はその子が、ついに話をしてくれた喜びからか、

「あ!私も~」と答えた。


翌朝、トーストを一口食べたら、なんだか気持ち悪いなった。
しかし、私たちの家では、ご飯を残すと母が火のように怒るので
無理やり口に入れた。

昼も給食を食べる時にも気持ちが悪くなった。
ひとまず口に入れた後にトイレで吐いた。

その日から私は何も食べられなくなってしまった。
心配した両親は、いろいろな病院に連れて行ったけれど異常はなし。
そう、全く異常がないのだ。
栄養状態も普通。脱水症状も起きてなかった。


体重はどんどん小さくなりましたが、体に異常が全く起こらないだろう。
やがて飲むのも体が受け入れなくなったけど、体は健康そのものだった。
冬休みが始まり、毎年年越しは親戚が集まるので祖母の家に行った。

おばあちゃんや親戚たちは、母親から事情を聞いていたが、骨と皮膚だけの私は実際に見て非常に驚いていた。
しかし、無理に何かを食べさせようとはしなかった。
おばあちゃんの家には暖炉があり、毎日ぼんやり暖炉の火を見ながら過ごした。


数日火を見ていると、急にお腹がすいてきた。
朝食後に残った食べ物を片っ端から食べた。

その次からは普通に食事をすることができるようになった。
まだ母と「あの時は、何だったのだろうか?」と言いながら、当時を思い出して話している。







2021/10/12 23:45  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2022 AISE,Inc. All Rights Reserved.