無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】サボテンが枯れていく

彼女と同棲を始めて1ヶ月。
部屋は彼女が選んだインテリアや小物が飾られていき、
「手頃な価格のワンルームだけど、かなり洒落た愛の巣だな」と
幸せだけだった当時の僕は本当にそう思っていた。

仕事帰り色とりどりの花が飾られた花屋を過ぎながら、ふと部屋に植物が一つもないことを思い出した。

しかし、巨大な植物は育てるだけでも手間がかかるし、
せっかく買ってきたのに、一週間で枯れてしまうのはもったいないから、ハート形の小さなサボテンを一つ買って帰宅。
彼女にそれを見せてもあまり嬉しそうな反応がではなかったので、少し残念だけど。
ハート形だから、枕元に置こうとすると、「そこはだめ」と玄関の下駄箱の上に持っていった。

部屋の構造については、不必要なほどに気難しかった。
そして半年ほどたった頃。
TVで「植物に前向きな言葉で話しかけてあげればいい」と言っていた。

バカらしいといえば、そうなのだけど、
その当時、僕は仕事の問題で頭が痛かったこともあり、同棲にも慣れていたため、新鮮な癒しようなものが必要だった。

ほとんど無意識のうちに下駄箱のサボテンに行って「頑張れ!」または 「状態がいいな」と話しかけていた。
彼女には「バカじゃないの?」とし笑われながらお、何か明るい気持ちを感じたので、僕はそれから毎日朝と夜に話かけるようになった。

ところが、程なく葉が茶色に変色し始め、「頑張れ!」 「耐えろ!」と言うほど枯れて行き、結局、10日程度で完全に死んだ。
話しかけていて情が湧いていたので、泣くほどではなかったが、とても悲しい気分だった。
彼女は、「私たちとは縁がなかったんじゃない」と言って処分した。
次の週、再び同じハートサボテンを購入して声をかけて寝たが、翌日見ると急にしおれ始めた。
朝から急にテンションが落ちた僕に、
「やはり私たちの家には縁がないみたい」と述べ、彼女は、ゴミを捨てるついてで、コンビニに出かけた。

数分待って、サボテンに「頑張れ!」と部屋を出てきた僕は、しばらくして靴の底がボロボロに剥がれていることに気付いて家に戻った。

サボテンの事でもただでさえ憂鬱だった僕は、壊れた靴をゴミ箱にいれて、他の靴を取り出す前に、まずトイレに入った。

トイレに入ると、すぐ玄関のドア開いて閉まる音がした。彼女が帰ってきたようだ。
玄関に靴がないので、彼女は僕が今の仕事に行ったと思っているだろう。
トイレは玄関を入ってすぐ横にあって、彼女がトイレの前を通過する瞬間を狙って驚かせようと、息を殺していた。

ところが、なぜか分からないがぶつぶつ言う声だけ聞こえて足音は聞こえなかった。
「ゴミ」「早く死んでしまえ」「ふざけるな」
彼女の声でだった。
気分悪い事でもあったのだろうか、普通にトイレを出て彼女に近付いた。
最初は何しているのか分からなかった。
彼女は、右手に小さなボトルを持っては、それをサボテンに傾けていた。
僕と目が合うと、すぐにその小瓶を隠しながら後ろにおろした。

「お前、何してるの?」
「え?肥料」
彼女は、驚いた表情をしていた。
「栄養剤」
その日の業務中、それは本当に栄養剤だったのだろうと無理やり独り言を繰り返すして、帰宅後、さらに変色したサボテンを見て爆発した。

結局、家の中に自分が選んだものではないものがあることが気に入らなかった、それは「譲ってあげた」というのだ。


しかし、僕はそんな不快なものに毎日声をかけていることに我慢できなくて枯れさせたと…
僕には全く理解できなかった。

正直なところ、生涯の伴侶となる人だと思ったので、まあ「少しの欠点」だと目をつぶろう思ったけれど
考えれば考えるほど気分が悪くなって、一か月後には別れた。

嫌なら嫌だと言えばいいのに、なんでそんな気持ち悪い手段を使ったのだろうか?








2021/09/21 23:50  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2021 AISE,Inc. All Rights Reserved.