無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怖い話ー日本怪談】広島に住んでいた時

私は以前広島に住んでいたが、そこに住んでいた頃に、様々な恐ろしい体験をしました。
その中でも最も怖かったのが、その日は小学校の運動会でした。
父と母は、運動会を見に来てくれましたが、昼食を食べた後、すぐに帰ってしまいました。
運動会が終わった5時くらいに疲れていたので、すぐに家に帰りました。

私は住んでいるアパートに帰ってきましたが、家の中には誰もおらず、すぐに部屋で眠ってしまいました。
その後、ドライヤーの音で目を覚ました私は、母がいる洗面所に行って、「今日は疲れた」というような話をしました。
すると父がリビングの方から「今日は外食しようか」というので、私は「お腹すいてないから寝る」と言って、部屋に戻って再びベッドに入りました。

その時、母が小さく舌打ちしたのを覚えています。
その後、起きたのは12時くらいでした。
やはりお腹が空いて、私はリビングに行きました。
すると洗面所からドライヤーの音がして、近づいていくと、母親がドライヤーを使っていました。

3〜4時間前と同じ光景でした。
私は母に「ママ、いつまでするの?」と聞くと、
「別にいつまでもいいじゃない。殺してあげようか?」

そのほかにも何か言った記憶があり、目が充血して真っ赤でした。
あまりにも恐ろしく無我夢中で、家族の話声が聞こえるリビングに走りました。

しかし、リビングルームは真っ暗で、テーブルに置かれている一枚の手紙に目が行きました。

内容は半分程度しか覚えていないが、このような感じでした。

「お帰り。午前だけしかいてあげられなくてごめんね。今日はお雨が戻って来る前に出ないといけないから。軽食と夕食はキッチンに置いておくね。お腹がすいたら食べなさい」
···その手紙を薄暗いリビングルームで読んだときは、死ぬほど怖かった。

間もなく家族が帰ってきたが、母に泣きながら飛びついたことは言うまでもありません。








2021/09/22 23:40  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2021 AISE,Inc. All Rights Reserved.