無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】何かがこちらに来る

何かがこちらに来る体験をしたことがある。
高校生の頃、十名余が集まってサバイバルゲームをしていたときの話。

場所はよくある廃墟になったホテルだったが、人が住んでいる場所からかなり離れているので、誰も来なかったし、幽霊が出るという噂のせいで不良さえもほとんど来なかった。
さらに、ゲームに夢中になるあまり気持ち悪い感じは飛んでしまい、怖いと言うことをバカにする風潮が僕たちの間にあった。

さんざん遊んだ後、5階の大きな部屋に集まって装備の手入れしていると、
みんな「遊んでいる間に気配を感じた」と話し始めた。
互いに標的になる遊びなので気配を感じるのは当然だが、それとは少し違うと言う人がほとんどだった。
それは僕も同じだった。

そんな話していると、下の階から誰かが上がってくる足音が響いた。
車やバイクが到着した音がしなかったので、肝試しをしに来た連中ではないようだった。

すべて高性能ライトを持っていたので、窓から下を照らしてみた、僕たちが乗ってきたバイクのほかは何もなかった。
近くには民家がなかったので、数十分の山道を歩いて上ってきたとは考えられなかった。
この頃になると頭の片側で、この場所についての噂が渦ましていたが、強いふりをしたい年齢だったのか、気分だけは軍人だったので、足音の存在を確認しようとした。

部屋から顔を出して階段側を照らしながら、
「警察ですか?僕たちは、遊んでいるだけですが」とか、「肝試しですか?」と呼んでも答えはなかった。
その間にも、足音はますます近づいてきた。

「何の用ですか?」、「失礼でしたが、帰ります」といくら話しかけても全く返事がなかった。
ここまでになると本気で怖くなった。
危険そうだから帰ろうと、荷物はすぐに整理した。
「大きな声を出してはダメ」とか、「駆け足禁止」とお互いに言って廊下に出た。
そして、足音がする階段とは異なる階段で降りて行くことにしたので、降りて行く前に、もう一度足音がする方をみんなで見た。

気持ち悪くも足音は僕達がいる階まで到達して、廊下に響いていたが、ライトの光の円の中には何もなかった。
そして、足音がますます速くなりつかつかと近付いてくると、約束した事を忘れてみんなが走り始めた。
階段を駆け下りていくが、大きな音が聞こえたが、もしかしたらただ足音が響いただけかもしれない。
しかし、十分に怖かった。

「やばいやばい、本当に危ない!!」と言いながら駆け下りては、
バイクに乗って、エンジンを始動がかからない人を怒鳴りながら、みんながホテルから目を離さずにいた。
そして、みんなの始動がかかるとすぐ先を争うように走り出した。

麓のコンビニまで到着すると、もう安心してもいいという気がした。
そして店の前で話していると、僕は気づかなかったが、何人かは走る最中に窓から顔が見えたと言った。
さらに、ホテルから一番最初に走り出した人は、廊下で男女か分からない青白い顔が見えて、体が透けて見えたという。
コンビニ駐車場で山の上部を見ながら、再び行かないことに決心した。







2021/10/23 23:50  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事
アクセスランキング
タグ


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2021 AISE,Inc. All Rights Reserved.