無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【怖い話ー怪談】おばあちゃんからのお願い

うちの町内には墓地がある。そこに一人で暮らしている私の祖母が体験した話。

ある日の夜、おばあちゃんは布団の中で寝ていると、人の気配を感じて起きたといいます。
しかし、そんなことは日常茶飯事なので、気にせず、そのまま眠った。

すると翌日にも寝ていたら、誰かの気配を感じて目が覚めた。
その日も「無視して眠ってしまおう」と考えたが、なぜかなかなか眠れなかった。
誰かが部屋を徘徊する気配があった。
おばあちゃんは目を閉じて適当にやり過ごした。

数分が過ぎただろうか。その誰かが出ていく気配がした。
こんなに安眠を妨げるなんて厄介なことだった。

おばあちゃんは外に出「それ」を窓越しに見た。
「それ」は、日本和装をした若い女性だった。

その女性は、墓と墓の間の通路のようなところで立ち止まり、ふとそこに吸い込まれるように消えていった。

おばあちゃんは思いもよらぬことに外にでて「それ」が消えたところで、持っていたマッチ棒を差て印を残した。
翌日、そのマッチ棒を刺した位置をシャベルで掘ってみた。
すると中に、古い瓶が出てきた。

「だれだれ 某氏、享年○○」

そのおばあちゃんは住職をしている私の父に連絡して事情を話して、その墓に早く来てほしいと伝えた。

父は墓に行って、いつもより何倍も丁寧に径を読み上げた。
その日からおばあちゃんの家には何も現れませんでした。

数日後、おばあちゃんは父に、このような話をした。
「おかげで私の方に、あの人は来ない。だから、お前のところに今日ぐらいにそっちにお礼しに行くかもしれない」







2021/09/12 23:30  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2021 AISE,Inc. All Rights Reserved.