無料ゲームニュース

  • ワウゲーム日本語版ワウゲーム英語版ワウゲーム中国版
無料ゲーム、フリーゲーム、ゲームニュース
スマホ
スマホ
タブレット
タブレット
トップワウゲームニュースホラー       ゲームの話題 |  おもしろ動画 |  感動動画 |  食べる |  怖い話

【理解すると怖い話】無人駅の怪談

昔、北陸地域の某所に出張に行ったときのこと。

ビジネスホテルを予約し、そのホテルを基盤にして、常連客を回る事にした。
最後には一杯して、その後ホテルに戻ることにした。

ホテルまで普通列車で20分、疲れていたせいか、眠っていて気がついたら降りる駅だった。

びっくりして起きたが、すでに遅かった。列車が出発してしまった。
4〜5分過ぎて次の駅に列車が停車したので、急いで下車した。

降りたの後に列車は出発し、ふと気付いたのは、誰もいないプラットホームに私一人。
ホームの端に小屋のような木造の建物があり、それが駅舎だった。
蛍光灯がかすかに点灯している無人駅。


降りないといけない一駅前の駅は特急列車も停車し、地域鉄道が繋がっている乗り換え駅であり、その県内では県庁所在地に続いて二番目に大きい都市。

その駅の隣駅だが、どこか暗い雰囲気。

駅前は真っ暗。コンビニ一つなかった。映画で見たような古い家が建っていた。
次の列車は1時間後。


列車が来るまで一時間、恐ろしいほど何の音もしなかった。

ホテルに入った翌日に時刻表を確認していたが、
普通列車を待っている間に特急列車が通過して、反対方向に普通列車も通過しないといけないのに、全く列車は通過しなかった。

静かな中で突然、私が乗らなければならない普通列車が来た感じだった。
そして半年後、再びそこに行くことがあって、昼間に時間を割いて行っていた。
駅は小さいけれど、木製ではなく鉄筋。駅員が一人いた。
駅前に小さいながらもロータリーがあり、コンビニもあった。

半年が過ぎたら、もしかしたら駅も変わるかもしれない。
しかし、駅もコンビニも新しく建てられたという感じはなかった。
今も、あの時時間が行違ってどこかに迷い込んでしまったではないかと考えることがある。
たまに、あの列車が来ていなかったら....という思うと怖くなる。







2021/09/10 23:40  Written by Corin

この記事が気に入ったら



関連記事

最新記事


会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | フラッシュゲームレンタル | 広告掲載について | お問い合わせ
Copyright(C) 2004-2021 AISE,Inc. All Rights Reserved.